不完全なウォリアーズを導いたステフィン・カリー――カンファレンス決勝のパフォーマンスは歴史的だった

(引用元:flipboard.com)

カンファレンス決勝の舞台で、ゴールデンステート・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンはキャリア最高とも呼べるパフォーマンスを見せ続けました。

 

シリーズを通じて平均16.5得点、11.8リバウンド、8.8アシストを記録し、第4戦のオーバータイムでもクラッチタイムにスリーポイントシュートを決め、チームのスウィープ(4勝0敗)に多大な貢献をしています。

 

 

選手やコーチ、メディアは、何日間にも渡ってグリーンを称賛し、第3戦の後にはウォリアーズのスティーブ・カーHCが、グリーンのことを「レッキング・ボール(巨大な鉄球のような衝撃)」だと評価しました。

 

だからこそ、あの選手がいかに歴史的なパフォーマンスをしていたか、気付けなかったのかもしれません。

 

――そう、ウォリアーズのステフィン・カリーのことです。



カリーは第4戦でも37得点を挙げ、彼はシリーズにおける得点でキャリア最高の平均36.5得点を記録しました。

 

これはNBAの歴史上、4試合でスウィープを決めたチームの選手のうち、最も平均得点が高い選手となっているのです。

 

シリーズ 選手 平均得点
2019年 カンファレンス決勝 ステフィン・カリー 36.5
2002年 NBAファイナル シャキール・オニール 36.3
2017年 カンファレンス準決勝 レブロン・ジェームズ 36.0
2001年 カンファレンス準決勝 コービー・ブライアント 35.0
1974年 カンファレンス決勝 カリーム・アブドゥル・ジャバー 34.8
2018年 カンファレンス準決勝 レブロン・ジェームズ 34.0

 

もう一つ、カリーがこのシリーズで決めた26本のスリーポイントシュートもまた、スウィープしたチームの選手としてはNBA史上最多の成功数となっています。

 

そして驚くべきことに、第4戦でカリーは37得点に加え、13リバウンド、11アシストのトリプルダブルを記録しました。

 

グリーンも同様に18得点、14リバウンド、11アシストを記録しており、プレイオフの1試合で同チームの2選手がトリプルダブルを記録するのは、NBAのプレイオフ史上初の出来事です。

 



試合後、カリーはこう語りました。

 

「まだ、当然のこととは思わないね。このレベルで終わらせるのが、どれだけ難しいかは理解している。それをコントロール出来る限りは、終わらせたくないよ。」

 

ケビン・デュラントが、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンス準決勝第5戦で負傷し、ウォリアーズは不完全な状態となったにも関わらず、彼らはその日以降6連勝を飾っています。

 

まさにカリーの言葉通り、当然なことではないでしょう。

 

カーHCは、次のように語りました。

 

「ここに居る選手たちや、彼らが築き上げてきた競争的な欲求について、私は言葉が見当たらない。ケビンが居なくても最後の5試合を本当にタフに戦い、みんなが大きく進歩したんだ。」

 

史上4チーム目となる3連覇は、着々と近づいています。

 

必要なのは注意を怠らないこと、慢心しないことでしょう。

 

(参考記事:Peak Stephen Curry was unleashed in the Western Conference finals

なぜドレイモンド・グリーンはクールなプレイを始めた?

2019-05-20

ウォリアーズにとって、第3戦の勝利は何を意味するのか

2019-05-19

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください