トピックス

不完全なウォリアーズを導いたステフィン・カリー――カンファレンス決勝のパフォーマンスは歴史的だった

カンファレンス決勝の舞台で、ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンはキャリア最高とも呼べるパフォーマンスを見せ続けました。

シリーズを通じて平均16.5得点、11.8リバウンド、8.8アシストを記録し、第4戦のオーバータイムでもクラッチタイムにスリーポイントシュートを決め、チームのスウィープ(4勝0敗)に多大な貢献をしています。

選手やコーチ、メディアは、何日間にも渡ってグリーンを称賛し、第3戦の後にはウォリアーズのスティーブ・カーHCが、グリーンのことを「レッキング・ボール(巨大な鉄球のような衝撃)」だと評価しました。

だからこそ、あの選手がいかに歴史的なパフォーマンスをしていたか、気付けなかったのかもしれません。

――そう、ウォリアーズのステフィン・カリーのことです。



カリーは第4戦でも37得点を挙げ、彼はシリーズにおける得点でキャリア最高の平均36.5得点を記録しました。

これはNBAの歴史上、4試合でスウィープを決めたチームの選手のうち、最も平均得点が高い選手となっているのです。

シリーズ 選手 平均得点
2019年 カンファレンス決勝 ステフィン・カリー 36.5
2002年 NBAファイナル シャキール・オニール 36.3
2017年 カンファレンス準決勝 レブロン・ジェームズ 36.0
2001年 カンファレンス準決勝 コービー・ブライアント 35.0
1974年 カンファレンス決勝 カリーム・アブドゥル・ジャバー 34.8
2018年 カンファレンス準決勝 レブロン・ジェームズ 34.0

もう一つ、カリーがこのシリーズで決めた26本のスリーポイントシュートもまた、スウィープしたチームの選手としてはNBA史上最多の成功数となっています。

そして驚くべきことに、第4戦でカリーは37得点に加え、13リバウンド、11アシストのトリプルダブルを記録しました。

グリーンも同様に18得点、14リバウンド、11アシストを記録しており、プレイオフの1試合で同チームの2選手がトリプルダブルを記録するのは、NBAのプレイオフ史上初の出来事です。

試合後、カリーはこう語りました。

「まだ、当然のこととは思わないね。このレベルで終わらせるのが、どれだけ難しいかは理解している。それをコントロール出来る限りは、終わらせたくないよ。」

ケビン・デュラントが、ヒューストン・ロケッツとのカンファレンス準決勝第5戦で負傷し、ウォリアーズは不完全な状態となったにも関わらず、彼らはその日以降6連勝を飾っています。

まさにカリーの言葉通り、当然なことではないでしょう。

カーHCは、次のように語りました。

「ここに居る選手たちや、彼らが築き上げてきた競争的な欲求について、私は言葉が見当たらない。ケビンが居なくても最後の5試合を本当にタフに戦い、みんなが大きく進歩したんだ。」

史上4チーム目となる3連覇は、着々と近づいています。

必要なのは注意を怠らないこと、慢心しないことでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS