トピックス

求められるエリック・ブレッドソーのステップアップ

イースタン・カンファレンス決勝の戦績が2勝2敗となった今、ミルウォーキー・バックスのマイク・ブーデンホルザーHCは、エリック・ブレッドソーが状況を好転させるカギになると考えています。

トロント・ラプターズとの第4戦に敗れた後、ブーデンホルザーHCはブレッドソーのプレイについて、次のように語りました。

「我々はブレッド(エリック・ブレッドソー)が必要になるだろうね。彼のディフェンス力や、オフェンス力は優れているんだ。彼はもっと良いプレイする必要があるね。」

「我々はグループとして、より良いプレイをする必要がある。だけど実際には、この3人(マルコム・ブログドン、ジョージ・ヒル、エリック・ブレッドソー)全員が、必要とするほど優れているとは言えなかった。」



ブレッドソーはカンファレンス決勝に進出して以降、酷いスランプに陥っています。

スタッツ 得点 FG% 3P%
準決勝まで 16.0 47.9%(56-117) 27.9%(12-43)
第1戦 9 25.0%(3-12) 0.0%(0-6)
第2戦 8 30.0%(3-10) 20.0%(1-5)
第3戦 11 18.8%(3-16) 16.7%(1-6)
第4戦 5 28.6%(2-7) 0.0%(0-2)

それでもチームメイトのクリス・ミドルトンは、チームがポイントガードへの信頼を失ってはいないと語りました。

「彼はオフェンス面でとても優れている。それを忘れないようにするんだ。それがスランプから抜け出し、より良いプレイをするための唯一の方法だからね。ポジティブに考え、当たり前のことをするんだ。僕は彼にそうやって言ったよ。ただプレイするだけ。誰もショットを外すことなんて、心配していないんだ。」

ブレッドソーが自身のオフェンス力を思い出した時、それはバックスがカンファレンス準決勝までに見せてきた圧倒的な実力を取り戻す時なのかもしれません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS