ヤニス・アデトクンボがMVPだとしても、カワイ・レナードはそれに勝っている

(引用元:thefanatic.com)

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、脅威的なレギュラーシーズンを過ごしたため、シーズンMVPのファイナリストに選出されています。

 

一方でトロント・ラプターズのカワイ・レナードは、”負荷管理”のプログラムで22試合に欠場し、もちろんMVPに選出されることはありません。

 

しかし、少なくとも両者が対決するイースタン・カンファレンス決勝では、アデトクンボよりもレナードの方が勝っているように見えます。

 

そしてシリーズタイで迎えた第5戦では、トロント・ラプターズが105-99でバックスを下し、球団史上初となるNBAファイナル進出に王手をかけました。



1点ビハインド(79-80)で迎えた第4クォーター残り8分30秒から、ラプターズが10-0のランを決めた時、その勢いを最初にもたらしたのはレナードでした。

 

 

 

レナードの2本連続スリーポイントシュートが決まった後、ラプターズは同点にこそされる場面はあったものの、リードを許すことはありませんでした。

 

レナードは、こう語ります。

 

僕はそういった瞬間を恐れていないよ。楽しんでいるんだ。

 

レナードのピークはレギュラーシーズンではなく、カンファレンス決勝の舞台にあったのです。

 

彼はこのシリーズで、平均30.4得点、8.0リバウンド、3.8アシスト、2.2スティールを記録しています。



そして何より重要なことは、アデトクンボを抑え込んでいるということでしょう。

 

ラプターズが最初に2連敗を喫した後、ニック・ナースHCアデトクンボのマッチアップにレナードを当てましたが、これが予想以上に上手くいくことになりました。

 

『NBA.com』によれば、第3戦と第4戦でレナードアデトクンボを75回のポゼッションで守ったことで、アデトクンボのフィールドゴールは19本中5本の成功に終わっているだけでなく、その間にバックスは66得点しか挙げられていないのです。

 

また、『ESPN』のカーク・ゴールズベリー氏は、さらに興味深いスタッツを指摘しています。

 

ディフェンダー別、ヤニス・アデトクンボの100ポゼッションあたりの平均得点(最低100回のマッチアップが条件)

1位 カワイ・レナード(15.9得点)

2位 ブレイク・グリフィン(31.2)

3位 マービン・ウィリアムズ(31.7)

4位 パスカル・シアカム(33.2)

5位 ノア・ボンレイ(36.3)

6位 サディアス・ヤング(37.1)

7位 アル・ホーフォード(40.6)

8位 ジョエル・エンビード(51.0)

 

レナードは昨季の大半と、今季の22試合に欠場したことで、彼がいかに強力なペリメーターディフェンダーであるかという認識が薄れていましたが、特にこのシリーズではそれを思い出させてくれたことでしょう。



そして今、アデトクンボレナードに限らず、チーム全体としても変化が表れています。

 

主に注目したいのは、ベンチからの得点です。

 

チーム バックス ラプターズ
第1戦 22 12
第2戦 54 39
第3戦 54 24
第4戦 23 48
第5戦 15 35

 

第5戦では、ラプターズのフレッド・ヴァンブリートが、キャリア最多となる7本のスリーポイントシュート成功の21得点を記録し、チームの勝利に欠かせない存在となりました。

 



ラプターズは勢いに乗っている反面、バックスは3連敗を喫し、特にアデトクンボレナードに抑えられているという課題を克服する必要があります。

 

アデトクンボは、こう語りました。

 

僕たちはリーグで最高のチームだ。次に負けたら敗退だけど、負けるつもりはないよ。僕たちのやることじゃない。」

 

第6戦は2日後の5月25日(日本時間26日)、ラプターズのホームであるスコシアバンク・アリーナで行われます。

 

バックスが第1シードの意地を見せてホームに戻るか、ラプターズがファンの前で球団史上初のNBAファイナル進出を果たすか…

 

より白熱した試合となることでしょう。

 

(参考記事:Giannis Can Have MVP, Kawhi Is Taking the East

求められるエリック・ブレッドソーのステップアップ

2019-05-23

バックス対ラプターズ 第4戦で見えた”5つの注目ポイント”

2019-05-22

”NBA”を楽しむには?

世界最高峰のバスケットボールリーグ…それが”NBA”。初めての方から長年のファンまで、その超次元な舞台を楽しみたい方にオススメします。


待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください