トピックス

ヤニス・アデトクンボがMVPだとしても、カワイ・レナードはそれに勝っている

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボは、脅威的なレギュラーシーズンを過ごしたため、シーズンMVPのファイナリストに選出されています。

一方でトロント・ラプターズのカワイ・レナードは、”負荷管理”のプログラムで22試合に欠場し、もちろんMVPに選出されることはありません。

しかし、少なくとも両者が対決するイースタン・カンファレンス決勝では、アデトクンボよりもレナードの方が勝っているように見えます。

そしてシリーズタイで迎えた第5戦では、トロント・ラプターズが105-99でバックスを下し、球団史上初となるNBAファイナル進出に王手をかけました。



1点ビハインド(79-80)で迎えた第4クォーター残り8分30秒から、ラプターズが10-0のランを決めた時、その勢いを最初にもたらしたのはレナードでした。

レナードの2本連続スリーポイントシュートが決まった後、ラプターズは同点にこそされる場面はあったものの、リードを許すことはありませんでした。

レナードは、こう語ります。

「僕はそういった瞬間を恐れていないよ。楽しんでいるんだ。」

レナードのピークはレギュラーシーズンではなく、カンファレンス決勝の舞台にあったのです。

彼はこのシリーズで、平均30.4得点、8.0リバウンド、3.8アシスト、2.2スティールを記録しています。

そして何より重要なことは、アデトクンボを抑え込んでいるということでしょう。

ラプターズが最初に2連敗を喫した後、ニック・ナースHCはアデトクンボのマッチアップにレナードを当てましたが、これが予想以上に上手くいくことになりました。

『NBA.com』によれば、第3戦と第4戦でレナードはアデトクンボを75回のポゼッションで守ったことで、アデトクンボのフィールドゴールは19本中5本の成功に終わっているだけでなく、その間にバックスは66得点しか挙げられていないのです。

また、『ESPN』のカーク・ゴールズベリー氏は、さらに興味深いスタッツを指摘しています。

ディフェンダー別、ヤニス・アデトクンボの100ポゼッションあたりの平均得点(最低100回のマッチアップが条件)

1位 カワイ・レナード(15.9得点)

2位 ブレイク・グリフィン(31.2)

3位 マービン・ウィリアムズ(31.7)

4位 パスカル・シアカム(33.2)

5位 ノア・ボンレイ(36.3)

6位 サディアス・ヤング(37.1)

7位 アル・ホーフォード(40.6)

8位 ジョエル・エンビード(51.0)

レナードは昨季の大半と、今季の22試合に欠場したことで、彼がいかに強力なペリメーターディフェンダーであるかという認識が薄れていましたが、特にこのシリーズではそれを思い出させてくれたことでしょう。



そして今、アデトクンボとレナードに限らず、チーム全体としても変化が表れています。

主に注目したいのは、ベンチからの得点です。

チーム バックス ラプターズ
第1戦 22 12
第2戦 54 39
第3戦 54 24
第4戦 23 48
第5戦 15 35

第5戦では、ラプターズのフレッド・ヴァンブリートが、キャリア最多となる7本のスリーポイントシュート成功の21得点を記録し、チームの勝利に欠かせない存在となりました。

ラプターズは勢いに乗っている反面、バックスは3連敗を喫し、特にアデトクンボがレナードに抑えられているという課題を克服する必要があります。

アデトクンボは、こう語りました。

「僕たちはリーグで最高のチームだ。次に負けたら敗退だけど、負けるつもりはないよ」

第6戦は2日後の5月25日(日本時間26日)、ラプターズのホームであるスコシアバンク・アリーナで行われます。

バックスが第1シードの意地を見せてホームに戻るか、ラプターズがファンの前で球団史上初のNBAファイナル進出を果たすか…

より白熱した試合となることでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-, ,

© 2021 NBA TOPICS