ドラフト上位指名候補のジャ・モラントが右膝の”軽度な”手術へ

blank

(引用元:flipboard.com)

今年のNBAドラフトで上位指名が期待されているマレー州立大のポイントガードのジャ・モラントが、右膝の軽い手術を行うようです。

 

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によれば、マレー手術後3~4週間で回復する見込みであるため、おそらくドラフトの指名で影響が出ることはないでしょう。

 

モラントは2年生時の昨季に、1試合あたり平均24.5得点、10.0アシストを記録しており、1993-84シーズンにアシストが公式のスタッツとなって以降、ディビジョン史上初となる平均20得点、10アシスト以上を記録した選手です。

 

そして6月のドラフトでは、メンフィス・グリズリーズに全体2位で指名されることが、広く噂されています。



オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックを彷彿とさせるようなスキルセットを備えたモラントが、2019年のドラフトで極めて優秀な選手の一人として評価されるのは当然のことでしょう。

 

 

長引くような壊滅的な怪我であれば、グリズリーズは指名を考え直す必要があったかもしれませんが、ウォジナロウスキー氏の報告に基づけば、モラントの回復にさほど多くの時間はかからないため、心配することは無さそうです。

 

グリズリーズにとって、モラントはベテランのマイク・コンリーから学ぶ選手、あるいは代わる選手であり、昨年のドラフトで全体4位指名を受けたジャレン・ジャクソンJr.と共に、今後のフランチャイズに欠かせない存在となります。

 

(参考記事:Report: Ja Morant Will Undergo ‘Minor’ Knee Surgery Ahead of 2019 NBA Draft


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。