第4戦の敗戦後にドレイモンド・グリーンが熱烈なスピーチ

(引用元:foxsportsasia.com)

ゴールデンステート・ウォリアーズが成功を収めてきたこの数年間、チームの精神的支柱となったのはドレイモンド・グリーンでした。

 

そしてウォリアーズの王朝に終わりが近付こうとしている中、それでもチームメイトを鼓舞するのはグリーンの存在のようです。

 

第4戦の後、グリーンはロッカールームで熱烈なスピーチをしました。

 

ウォリアーズのケボン・ルーニーは、『The Athletic』のサム・アミック氏に対し、グリーンのスピーチについて明かしました。

 

「ドレイモンドは素晴らしいスピーチをした。彼は俺たちの頭が上がっていることを確認すると、”自信を持て。俺たちが何者かは分かっている。俺たちは、ふてくされたり、諦めたりして、この場に居るんじゃないんだ。俺たちは常に信じている。俺たちは劣勢で、以前にも負けそうになったことのある集団だ。”って言ったんだ。俺たちは、より多くの挑戦を受け入れようとしていると思う。誰もが今、俺たちが負けると思っている。久しぶりに劣勢なのは楽しいね。俺たちが出て、みんなが間違っているということを証明するよ」



ルーニーは、続けてこう語りました。

 

「これはタフな挑戦だ。スティーブ(カーHC)は”タイトルを獲得した時にシャンパンをかけるのには意味がある。難しいからだ。簡単には行かないだろう。NBAに簡単なことなど一つも無い”って常に言っている。トロント(ラプターズ)は素晴らしいチームだ。彼らはハングリーだけど、俺たちは勝つことができる。俺たちの方が良いチームだと感じるんだ。それを見せなければいけないだけだよ」

 

明らかに不利な状況を、どれだけ力に変えられるか…ウォリアーズの王者のプライドが試されます。

(参考記事:Draymond Green Gave Locker Room Speech After Game 4 Loss

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください