トピックス

ラプターズが球団史上初の優勝!彼らは過去のチームではない、過去の選手ではない

NBAファイナル第6戦、トロント・ラプターズにとって初めての瞬間――NBAチャンピオンに渡されるラリー・オブライエン・トロフィーを掲げる瞬間が訪れました。

敵地であっても、浮足立つことなく集中力を保ち続けた彼らは、王者に相応しい存在です。



今から1年前、ラプターズはプレイオフの舞台で、レブロン・ジェームズ擁するクリーブランド・キャバリアーズに3年連続で敗れるという屈辱を味わっています。

彼らは成功を見つけるため、コーチを解任し、カワイ・レナードやダニー・グリーン、マーク・ガソルらをトレードで獲得し、ロスターを一新しました。

最初は、誰もがリスキーな選択であり、ラプターズがNBAチャンピオンに輝けるとは思えなかったことでしょう。

しかし、彼らの多くの得点オプションからなるオフェンスと、ことごとくエースを抑えるディフェンスは、3連覇を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズを倒すには十分なものでした。

特に、このウォリアーズにとって最高のアドバンテージとも呼べる支配的なオラクル・アリーナで、ラプターズはレギュラーシーズンとプレイオフを含め4戦全勝したという事実は、ラプターズがどのチームよりも優れていることを裏付ける明白な理由です。

もちろん、ウォリアーズのケビン・デュラントの離脱や、クレイ・トンプソンの負傷退場があったことを考えれば、このシリーズは公平でなかったのかもしれません。

それでも、ラプターズの選手たちはその状況に甘んじることなく、追いすがるウォリアーズを相手にシュートを決め続け、ハングリーであり続けました。

試合開始早々には、カイル・ラウリーが一人で連続11得点を記録してチームのスタートに勢いをもたらし、フレッド・ヴァンブリートは第4クォーターに貴重なスリーポイントシュートを何本も決めています。

ラプターズがフィラデルフィア・76ersとのカンファレンス準決勝第3戦で敗れた時、もしくはミルウォーキー・バックスとのカンファレンス決勝第2戦で敗れた時、あるいはNBAファイナル第2戦や、第5戦で敗れた時、過去のラプターズであればそのままシリーズ敗退への道を進んでいたことでしょう。

しかし、彼らは”過去のラプターズ”に戻ることを拒みました。

カワイ・レナードはデマー・デローザンではなく、ダニー・グリーンはテレンス・ロスではなく、マーク・ガソルはヨナス・バランチュナスではなく、ニック・ナースはドウェイン・ケイシーではありません。

そして彼ら自身もまた、”過去の選手”に戻ることを拒みました。

レナードは、サンアントニオ・スパーズの一員だった2年前のプレイオフ、ウォリアーズ戦で負傷してチームは敗退を喫しています。

グリーンもスパーズの一員として2年前と昨年もウォリアーズに敗れ、ガソルはメンフィス・グリズリーズに在籍していた2015年にウォリアーズに敗れ、サージ・イバカはオクラホマシティ・サンダー時代の2016年にウォリアーズに敗れました。

ウォリアーズとプレイオフで戦っていなくても、ラウリー、パスカル・シアカム、ヴァンブリート、ノーマン・パウエルらも、プレイオフで悔しい経験をしています。

彼らが皆、プレイオフを通してステップアップしたことで、フランチャイズに初の優勝をもたらしたのでしょう。

ウォリアーズは、常に「Strength In Numbers(数の力)」をスローガンに戦ってきました。

しかし、少なくともこのシリーズでは、ラプターズの方が「Strength In Numbers」を主張できたのではないでしょうか。



ラプターズは優勝への旅路を終え、アイスホッケーの街として知られていたトロントを、バスケットボールの街へ変えてみせました。

球団創設24年目にして初の栄冠を成し遂げたのは、チームが、選手がステップアップできたからに他なりません。

彼らは、王者の誇りを持って来季に臨むことになります。

とはいえ、まずは今を祝いましょう――「Congratulations to the Toronto Raptors !!」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2022 NBA TOPICS