リポート

ロケッツ残留を望むクリス・ポール「とても満足している」

ヒューストン・ロケッツのクリス・ポールは、チームメイトのジェームズ・ハーデンとの摩擦によって、チームを離れることを望んでいるという噂に反論しました。

ポールは『Houston Chronicle』のジョナサン・フェイゲン氏に対し、次のように語っています。

「俺はトレードを要求したことなんて一度も無い。ヒューストンに残るだろうね。とても満足しているんだ。大丈夫だよ」

先日、『Yahoo Sports』のヴィンセント・グッドウィル氏は、ポールとハーデンの関係が”修復不可能”であると報じていました。



ロケッツのダリル・モーリー氏もポールと同様の意見であり、噂を鎮めるために迅速に行動していました。

『ESPN』のザック・ロウ氏は、Twitterで次のように伝えています。

ダリル・モーリーに話を聞いた。彼はクリス・ポールからのトレードの要求は無いと、繰り返し語っていた。「私が言ったことをツイートしてくれ。刷ってくれ。2回ツイートするんだ」

『ESPN』の「First Take」 の出演したスティーブン・A・スミス氏もまた、ポールはロケッツを離れようとしているという噂を”断固として否定”していることを伝え、ポールとハーデンは言葉を交わす仲であると付け加えました。

ゴールデンステイト・ウォリアーズの主力が壊滅的な怪我に襲われたことにより、2019-20シーズンのウェスタン・カンファレンスは非常にオープンな状態となっています。

ここでロケッツが成功を収めるためには、ロケッツがポールをトレードするか、ポールとハーデンの仲を修復するしかないと考えられていました。

もし、その問題が解決されたとするならば、次の焦点はモーリー氏がどのようにロスターにテコ入れをするかでしょう。

『The Ringer』のケビン・オコナー氏は、ロケッツがジミー・バトラーの獲得を狙っていると伝えましたが、彼らは既にサラリーキャップを超過しています。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-,

© 2022 NBA TOPICS