カワイ・レナードがレイカーズへ移籍しなかったのは、マジック・ジョンソン氏との会話の漏洩のせい?

(引用元:sportingnews.com)

カワイ・レナードがNBAチャンピオンを経験した後、彼がロサンゼルス・レイカーズへ移籍することはありませんでした。

 

確かに、カイル・ラウリーパスカル・シアカムらと一緒に優勝できた以上、レナードレブロン・ジェームズアンソニー・デイビスは必要ないかもしれません。

 

しかし、レナードのフリーエージェントの話題の最前線にいたクリス・カーター氏によれば、レナードスーパーチームの結成に否定的であり、マジック・ジョンソン氏との会話の漏洩が無駄であったと言います。

 

カワイはウォリアーズを倒した後、別の場所でスーパーチームを結成することに否定的だった。

 

マジック氏とカワイらとの会話から漏洩した全ての情報が、レイカーズの助けになるとは限らなかった。



レナードのフリーエージェントに関する噂は非常に静かであり、噂のほとんどが確証の無いものであったため、情報を得るのは困難だったでしょう。

 

ただ、その中で『Los Angeles Times』のブラッド・ターナー氏は、マジック・ジョンソン氏とレナードのマネージャーであるアンクル・デニス氏との会話の詳細を報告しました。

 

その情報がジョンソン氏からではないにしても、一体どこからリークされたのでしょうか?

 

もちろんジョンソン氏は、その情報にうんざりしていました。

 

しかし報告されていた通り、レナードがそういった情報の漏洩を警戒していたのは事実でしょう。

 

その間、クリッパーズからの情報の漏洩は一切ありませんでした。

 

だからこそ、レナードがクリッパーズへの移籍を決心した可能性もあります。

 

結局のところ、情報の漏洩が事実なのか、メディアの単なるでっち上げなのかは分かりません。

 

ただ一つ言えるのは、レイカーズファンからすれば情報の漏洩は必要の無いものだったかもしれないということです。

(参考記事:Magic Johnson leaks reportedly hurt Lakers’ chances of signing Kawhi Leonard

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください