主力のトレードで、サンダーのフロント陣に殺害予告

出典:baxterbulletin.com

地元の報道によれば、オクラホマシティ・サンダーがポール・ジョージをロサンゼルス・クリッパーズに、ラッセル・ウェストブルックをヒューストン・ロケッツにトレードした後、サンダーのフロントオフィスに殺害予告が届けられ、オクラホマシティの警察が調査中だと伝えられています。

 

また『KOCO5』の文書では、、サンダーのゼネラルマネージャーであるサム・プレスティ氏や、ヘッドコーチのビリー・ドノバン氏らに対し、2つのボイスメールで脅迫したと伝えました。

 

さらに脅迫した男性は、チームが警察に連絡したとしても構わないと語っていたようです。



『KOCO5』の記録によれば、男性はボイスメールの中で次のように言っていました。

 

「お前たちはポール・ジョージを放出したのに、レイモンド・フェルトンを(チームに)残した。アンドレ・ロバートソンも残した。お前たちはラッセル・ウェストブルックを愛していないのか?俺はお前たちを殺すだろう。俺はみんなを殺したいんだ」

 

その男性はドノバン氏やチームに携わる人々を侮辱した後、爆弾の存在についても言及し、もしいつか彼がオクラホマを訪れた時には、爆発させると語っています。

 

これに対し警察は、携帯電話の通話の発信元を特定するために捜索令状を発布し、サンダーは「当局に任せる」と声明を発表しました。

 

今は早期の事件解決を祈るばかりです。

(参考記事:Police investigate death threats against Thunder in wake of Paul George trade

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください