リポート

ジミー・バトラーの移籍に影響を与えたドウェイン・ウェイドの言葉

今夏のフリーエージェントであったジミー・バトラーは、本来であれば複数チームとミーティングを行う予定でした。

しかし『Miami Herald』のアンソニー・チェン氏によると、バトラーはマイアミ・ヒートとミーティングを行なった直後に、他の全てのミーティングを取り下げたと伝えられています。

そして、バトラーは76ersからのサイン・アンド・トレードを介して、ヒートと4年1億4,200万ドルのマックス契約を結びました。



バトラーとのミーティングには、ヒートの球団社長であるパット・ライリー氏や、ヘッドコーチのエリック・スポールストラ氏、チームエグゼクティブであり元オールスターのアロンゾ・モーニング氏が出席したようです。

しかし、バトラーのヒート移籍に最も大きな影響を与えたのは、このミーティングに参加していないドウェイン・ウェイドだったのかもしれません。

彼らは2016-17シーズンに、シカゴ・ブルズでチームメイトだった経験があります。

そしてバトラーは、ウェイドについてこう語りました。

「彼はマイアミの素晴らしさを、いつも言ってきたんだ。”君のためになる場所だろうね。君のような男や、持っている考え方は、ヒートの文化にぴったりだ”とね」

ヒートは当初から確立されたスターであるバトラーの獲得に焦点を合わせ、彼を獲得した後に周囲を固める予定だったようです。

バトラーの代理人であるバーニー・リー氏は、次のように語りました。

「本当に理想的な時期に、本当に理想的なやり方で、全てが彼のために集まったような感じだよ。今、彼は課題と目標を明確にしているような組織に加わっている。彼ら(ヒート)はジミーと非常に似ているね」

ミネソタ・ティンバーウルブズや76ersで満足できるほどフィットできなかったバトラーにとって、ヒートがどれだけ心地よい場所になるかは楽しみだと言えるでしょう。

-リポート
-, ,

© 2020 NBA TOPICS