スター選手の移籍に警鐘を鳴らすスティーブ・カーHC「ビジネスに悪影響」

出典:si.com

近年、NBAではスター選手が移籍するといった出来事が多発しています。

 

CBA(NBA団体交渉協約)では、フリーエージェントの選手を同じチームに残そうとする意図もあることから、これはNBAが直面する問題の一つとも言えるでしょう。

 

ゴールデンステート・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、『ESPN』のジャッキー・マクマラン氏に対し、スター選手の移籍が相次ぐNBAの現状に警鐘を鳴らしました。

 

「リーグは常にトップ15の選手を中心に展開されている。しかし、それらの選手のうち何人が(同じチームに)残っただろうか?ラリー(バード)は残留し、マジック(ジョンソン)も残留し、ティム・ダンカンも残留し、コービー(ブライアント)も残留し、マイケル(ジョーダン)もほぼ残留していた。衝撃的なのは、レブロン(ジェームズ)、KD(ケビン・デュラント)、カワイ(レナード)といった選手が去っていることだ。彼らはリーグを引っ張っている選手なのにね」



カーHCは先週、アンソニー・デイビスが契約中にも関わらずトレードを要求したことについて、自身の見解から「問題である」と指摘しました。

 

後にカーHCは、デイビスのトレードの要求が公にならなければ物議を醸すことは無かったと、指摘の意図を明確にしましたが、今回マクマラン氏に語った内容はスター選手の移籍に否定的なものです。

 

「それが本当の危機だよ。心配し始めるところだ。少なくとも私はしているね。リーグに関して言えば、ビジネスに悪影響だよ

 

これもまた、一つの興味深い議論となるでしょう。

 

リーグは選手を同じチームに留まらせたいと考えていますが、選手は自身が望むチームへ移籍したがるようになっています。

 

リーグと選手の間で、考えの相違が起きているのかもしれません。

 

スター選手の相次ぐ移籍は問題視すべき?

スティーブ・カーHCの見解に、ケンドリック・パーキンス氏が批判「偽善者ぶっている」

2019-07-26

トレードの要求に物申したスティーブ・カーHC「契約に縛られるべき」

2019-07-25

(参考記事:Kerr doubles down, says star movement ‘bad for business’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください