ホーネッツを去ったケンバ・ウォーカーの悲痛な想い「辛い日々で、嘘を付くことさえ出来ない」

出典:heavy.com

今年の夏、ケンバ・ウォーカーは8年間を共にしてきたシャーロット・ホーネッツに別れを告げ、ボストン・セルティックスへの移籍を決意しました。

 

しかし、それはウォーカーにとって簡単な決断ではなかったようです。

 

ウォーカーは『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏に対し、次のように語りました。

 

「本当に辛い日々で、嘘を付くことさえできない。自分が他のチームに居ることなんて想像できなかった。ただただ辛いね。僕が知っているのはシャーロットだけだったんだ。確かに厳しい時代ではある。キャップスペースのせいで、僕が望むようなオファーが得られないだろうとは感じていたよ」

 

エネス・カンターがセルティックスに移籍した理由「優勝のために」

2019-07-29



ウォーカーは、ホーネッツと5年2億2,100万ドル相当のスーパーマックス契約を結ぶ資格がありました。

 

しかしシャラニア氏によれば、ホーネッツがウォーカーに提示したのは5年1億6,000万ドルほどの契約だったのです。

 

それが決め手となったのか、結果的にウォーカーはサイン・アンド・トレードを介してセルティックスと4年1億4,080万ドルの契約を結びました。

 

直近2年間でセルティックスの中心選手として活躍してきたカイリー・アービングが去ったことで、ウォーカーは必然的にアービングと比較されることになるでしょう。

 

それでもウォーカーは、アービングとの対照に集中しているわけではないと語ります。

 

「昨季のカイリーよりも、上手くやらなければいけないとは思っていないし、やろうともしていない。優秀な選手は常にチームのために戦うけど、それだけでは上手くいかないものだ。彼にとっては上手くいかなかっただけだよ。カイリーはこの世界(バスケットボールの世界)における、最高の選手の一人さ。ただ不幸なシーズンだったというだけだよ」

 

セルティックスのロスターには、アービングアル・ホーフォードテリー・ロジアーが去った代わりに、ウォーカーエネス・カンターが加わりました。

 

そして、これまでと同様のジェイソン・テイタムジェイレン・ブラウンマーカス・スマートゴードン・ヘイワードらの中心選手と組み合わせて、セルティックスはより良い結果を求める必要があります。

 

ウォーカーは、この挑戦を楽しみにしていると語りました。

 

「僕はハイレベルな戦いを理解していないんだ。ピンとこないと思うけどね。8年間ホーネッツに居る中で、たぶん一度くらいは期待できる時があった。おそらく1シーズンだけ、第7シードか第6シードくらいかな。今年は期待できるし、僕もワクワクしているよ。こんな感覚は初めてだ」

 



セルティックスは、ホーネッツ以上にウォーカーの助けとなる選手が多く揃っています。

 

ホーネッツで孤軍奮闘のようなプレイを続けていたウォーカーにとって、それは全く違うバスケットボールのようにも感じるでしょう。

 

ウォーカーはホーネッツでプレイし続けることが最も重要だったかもしれませんが、彼は大きなものを失った代わりに、大きなものを得たことも事実です。

 

ケンバ・ウォーカーの移籍はジェイソン・テイタムのおかげ?

2019-08-02

(参考記事:Celtics’ Kemba Walker on Leaving Hornets: ‘F–king Tough Days, I Can’t Even Lie’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください