リポート

NBA随一の代理人を除外するNCAAの新ルールに波紋…レブロン・ジェームズも非難

NCAA(全米大学体育協会)が定めた、学生アスリートのプロ入りに関する新たなルールが、波紋を呼んでいるようです。

そのルールとは、学生アスリートがプロを目指してドラフトを希望する際に、助言を求めることが出来る代理人を制限するというもので、基準を満たしていない代理人は学生アスリートへの助言が不可能になりました。

『CBS Sports』のジョン・ロススタイン氏によれば、代理人が満たすべき基準は以下の3つです。

  • ”学士号”を取得していること(大学を卒業していること)
  • NBPA(NBA選手労働組合)において、最低3年連続で代理人の資格を持っていること
  • インディアナポリスのNCAAのオフィスで直接試験を受けること

ここで問題となったのは、NBA随一の代理人であるリッチ・ポール氏が”学士号”を取得していないため、学生アスリートへの助言が出来なくなるということです。



リッチ・ポール氏はレブロン・ジェームズやアンソニー・デイビス、ドレイモンド・グリーン、ベン・シモンズなどの代理人を務める、まさにリーグを代表するような人物です。

NCAAは、学生アスリートへの教育的な部分でも指導ができるように、学士号の取得を定めたようですが、スポーツの観点において本当に優れた代理人を除外することは、スポーツファンが黙っていません。

特にレブロンはTwitter上で、「狂っていて恐ろしい」とNCAAを非難するツイートも残しています。

また、このルールは教育的な面以外での理由が考えられないことから、即座に”リッチ・ポール・ルール”と名付けられました。

【投票】

学生アスリートへ助言する代理人に”学士号”は必要?
  • 必要でない 84%, 478
    478 84%
    478 票 - 84%
  • 必要である 16%, 88
    88 16%
    88 票 - 16%
全体の票数: 566票
2019-08-07 20:34 - 2020-08-07 0:00
この投票は終了しました

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS