ヒートがジョン・ウォールとブラッドリー・ビールの獲得を狙っている?

出典:fadeawayworld.net

ワシントン・ウィザーズが、ジョン・ウォールブラッドリー・ビールの両方を一緒にトレードするなど、考えられるのでしょうか?

 

常識的に考えれば、それは馬鹿げた話です。

 

しかし、もしウィザーズとビールが契約延長に至らなかったら、あるいは4年1億7,100万ドルの契約を抱えるウォールが、アキレス腱断裂からの復帰で上手くいかなかったら、そんな話も一考の余地があるかもしれません。

 



一方で、ヒートはウォールビールの両方を獲得する可能性について、真剣に議論が行われているようです。

 

今夏にジミー・バトラーと契約したため、ヒートがすぐに別の優れた選手を加えたいと考えるのは、決しておかしなことではないでしょう。

 

『Miami Herald』のバリー・ジャクソン氏は、次のように指摘しています。

 

7月上旬に報告したように、このシナリオはヒートの中で真剣に議論されている。ヒートがビールをとても気に入っており、アキレス腱を断裂して次のシーズンを休むと予想されるジョン・ウォールを、オールスターのレベルまで戻せるという信念があるからだ。しかしウィザーズは、ウォールとの4年1億7,100万ドルの契約を完了させようとしており、ビールとウォールをトレードに組み込む考えは見せていない。

 

ウィザーズが放出の意思を示さないのは当然かもしれませんが、先述したようにビールが契約延長を拒否したとすれば、どうでしょうか?

 

そうなるとウィザーズは、ビールのトレードを検討する可能性があります。

 

ジャクソン氏はその場合について、ヒートが直面する2つの課題について指摘しました。

 

ヒートはビールのトレードで、2つの大きな課題に直面する。1つ目は、ビールだけを獲得するにはドラフト指名権が不足していること。2つ目は、ビールとウォールの組み合わせを獲得するには、サラリーキャップを調整するためにロスターの大部分を放出する必要があることだ。

 

ウィザーズの方向転換によっては、ヒートがウォールビールを獲得するシナリオは、決して実現不可能ではありません。

 

批判される契約を証明したいジョン・ウォール

2019-08-05

(参考記事:Rumor: Heat think they could make John Wall All-Star if Wizards trade materialized

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください