トピックス

マイク・コンリーにとって、メンフィスへの凱旋試合は「キャリアで最も辛い瞬間」

メンフィス・グリズリーズは、ジャレン・ジャクソンJr.や、新人のジャ・モラントを中心とした再建に焦点を当てていました。

そのため、2007年にドラフトで全体4位指名されて以来、ずっとグリズリーズに尽くしてきたマイク・コンリーも、ユタ・ジャズへ手放さざるを得なかったのでしょう。

それは31歳のコンリーにとって、非常に辛いことでもあったようです。



『HoopsHype』のアレックス・ケネディ氏によれば、コンリーはインタビューの中で、メンフィスへの凱旋試合について言及しました。

「その日が来るたびに、正直言って自分がどう感じるか分からない。ビジター用のロッカールームがどこにあるかさえ知らないんだ!本当にそこへ行ったことがない!多くの感情を抱くだろうね。良いことであれ、悪いことであれ、僕はコート上であまり感情を示す人間じゃないけど、(凱旋試合は)おそらく僕のキャリアで最も辛い瞬間の一つとなるはずだ

ジャズがグリズリーズのホームであるフェデックス・フォーラムで対戦するのは、11月15日(日本時間16日)の予定です。

コンリーはその時、どんな感情でグリズリーズと向き合うのでしょうか?

それはコンリーでさえ知らない未来ですが、少なくとも彼は、グリズリーズでの経験が今の自分に生かされているということを、強調して付け加えました。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS