2019-20シーズンに証明が必要な7人のスター選手

出典:heavy.com

カワイ・レナードはトロント・ラプターズの優勝に大きく貢献し、ヤニス・アデトクンボはシーズンMVPを受賞しました。

 

一方で、レブロン・ジェームズはロサンゼルス・レイカーズをプレイオフへ導くことはできず、ステフィン・カリーはゴールデンステート・ウォリアーズと共に優勝を逃しました。

 

自身の価値を確立したスター選手であっても、彼らはそれに見合った活躍をしなければならない重圧と戦わなければなりません。

 

2018-19シーズンで失敗したのであれば、2019-20シーズンは再び自身の価値を証明する必要があるでしょう。

 

ここでは、2019-20シーズンに証明が必要な7人のスター選手を見ていくことにします。

 

ジミー・バトラー(マイアミ・ヒート)

バトラーは、一人のスーパースターとして成功することを望んでいるのでしょうか?

 

様々なチームが今夏にスター選手のペアリングを完成させた中で、バトラーは誰とも組まずにヒートへ移籍しました。

 

当然、現時点でヒートが優勝候補になると考えている人はほとんどいません。

 

彼がフィラデルフィア・76ersの枠に当てはまらないと感じたのであれば、それが正しかったことを証明するために、マイアミの地で大きな活躍が求められるでしょう。

 

カイリー・アービング(ブルックリン・ネッツ)

レブロン・ジェームズと一緒にクリーブランド・キャバリアーズで成功した過去と、移籍後のボストン・セルティックスで失敗した過去…

 

要するに、アービングは一人のスター選手としては、まだ証明すべきことが残されています。

 

ケビン・デュラントの離脱は不幸なことですが、それはアービングが2019-20シーズンの1年間を通して証明するチャンスでもあるでしょう。

 

クリス・ポール(オクラホマシティ・サンダー)

もし昨年のプレイオフで、ヒューストン・ロケッツがゴールデンステート・ウォリアーズを破っていた場合、ポールがサンダーへトレードされることは無かったのでしょうか?

 

しかしトレードされた以上は、サンダーで出来る限りのことをするしかありません。

 

理想は、再建へ移ろうとするチームをプレイオフへ導くことです。

 

そうでなくとも、ポールは代わりにロケッツへトレードされたラッセル・ウェストブルックよりも、優れた選手であることを証明し、トレードを後悔させる必要があります。

 

うまくいけば、その評価で彼の獲得を切望するチームが現れるかもしれません。



出典:ftw.usatoday.com

ラッセル・ウェストブルック(ヒューストン・ロケッツ)

2017年のMVPは驚くほどの批判を受け、ジェームス・ハーデンとは上手くいかないと囁かれています。

 

プレイオフでは、ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードに完全に劣っていたことを考えると、そういった疑念が生まれるのは仕方のないことでしょう。

 

しかし、成功を望むロケッツは、クリス・ポールよりラッセル・ウェストブルックを望みました。

 

ウェストブルックは、その期待に応える必要があります。

 

我の強いプレイスタイルを犠牲にし、勝利へ繋がるプレイを続け、ハーデンとのペアリングを機能させ、私たちが知っているウェストブルックとは違う形で、成功できることを証明しなければなりません。

 

レブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)

正直なところ、レブロンがNBAでこれ以上証明すべきことは何も無いように感じ、彼がNBA最高の選手であることは納得のいくことです。

 

しかし、それはいつまで続くのでしょうか?

 

失敗に終わった昨季が、レブロンの衰退の始まりでしょうか?

 

レブロンに証明すべきことがあるとすれば、充実した夏を送ったレイカーズを成功へ導き、彼がまだNBA最高の選手であり続けることです。

 

ステフィン・カリー(ゴールデンステート・ウォリアーズ)

ケビン・デュラントが去り、クレイ・トンプソンが離脱を余儀なくされ、敗れたウォリアーズの王朝は終わったと考えられています。

 

2015年、2016年のMVPは、デュラントがウォリアーズへ移籍してきたことによって、自身の偉大さに蓋をしましたが、今こそ蓋を空けるべきでしょう。

 

カリーの才能は、まだ衰えているようには思えません。

 

ディアンジェロ・ラッセルドレイモンド・グリーンが居たとしても、カリーはウォリアーズの絶対的な選手として返り咲いたため、2019-20シーズンはかつてのMVPの姿を取り戻すべきです。



アンソニー・デイビス(ロサンゼルス・レイカーズ)

もしアンソニー・デイビスがニューオリンズ・ペリカンズで、自身のやれることを全てやっていたと信じているならば、デイビスはレイカーズの成功に貢献しなければなりません。

 

一度も優勝を経験したことの無いデイビスは、真の期待に応えられるのか、レブロンとのペアリングは上手くいくのか、レブロンが不在でもチームを勝利に導けるのか――そういった多くの疑念に包まれています。

 

レイカーズは若くポテンシャルのある選手をたくさん手放してまで、デイビスの獲得に全力を尽くしました。

 

彼はペリカンズでやってきた最大限の働きが正しかったことを、レイカーズでも証明する必要があります。

 

2019-20シーズン必見の10試合!

2019-08-13

2019-20シーズンのMVP候補…本命やダークホースは?

2019-07-24

(参考記事:Comeback Season: Seven NBA Stars With the Most to Prove in 2019-20

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください