考察

デマーカス・カズンズの前十字靭帯断裂が、レイカーズとアンソニー・デイビスへ与える影響

アキレス腱断裂から復帰した選手が、負傷前の選手に戻ることはに極めて難しいことです。

エルトン・ブランドも、コービー・ブライアントも、チャンシー・ビラップスも、(もしかするとケビン・デュラントも)元の選手に戻ることは出来ませんでした。

それでも、戻ろうと努力を重ねることは可能です。

しかし、あまりにも不運で残酷なことに、ロサンゼルス・レイカーズのデマーカス・カズンズは左ひざ前十字靭帯を断裂し、再起のチャンスさえ奪い去られました。



最も辛いのは、言うまでもなくカズンズ自身ですが、これはレイカーズにとって――特にアンソニー・デイビスにとっても大きな損失となります。

レイカーズとカズンズの契約は、単なる低コストのギャンブルだったのでしょうか?

いいえ、カズンズはレブロン・ジェームズとデイビスを支える、レイカーズの中心選手の一人となるはずでした。

健康なカズンズは、NBAで最もユニークな選手の一人であり、ヒューストン・ロケッツのPJ・タッカーは、カズンズについてこう語るほどです。

「彼は僕が今までに対戦した中で、最高のビッグマンの一人だよ。彼は素晴らしいね」

幸いにも、センターのポジションはデイビスと、再契約したジャベール・マギーで埋められるでしょう。

しかし、実際にそれはデイビスが望んでいることではありません。

彼はレイカーズの入団会見で、「4番(パワーフォワード)でプレイすることが好きだ」と語っていたからです。

センターは昔ほど、ポストでタフな勝負を繰り広げているわけではありませんが、それでもフィジカルの戦いが鍵を握ります。

常に接触があり、何度もペイント内を出たり入ったりし、ボックスアウトをすることになります。

過去3シーズンのうち、2シーズンで75試合以上に出場していたデイビスは、センターでそれを継続できるでしょうか?

シーズンの大半の試合に出場し、チームの中心選手として30分以上にも出場する中で、センターのポジションとしてプレイするのは、少し高い怪我のリスクが付き纏うことになります。

それこそが、カズンズの負傷による、レイカーズやデイビスへの損失ということです。

マギーを先発起用することが、最善の策でしょうか?

昨季の初めにセンターで起用され、散々な結果だったカイル・クーズマを、再びセンターに置くのでしょうか?

それとも、ポイントガード的な役割をこなすかもしれないレブロンを、センターとして起用するのでしょうか?

あるいは6フィート7インチ(約200cm)のジャレッド・ダドリーに?

どの選択肢よりも、デイビスを先発のセンターとして起用するのが、レイカーズにとって最もまともな選択です。

彼は、センターを埋めるのに最も適していると言えるでしょう。

しかし先述したように、デイビスはそれを望んでいません。

何より、レイカーズもカズンズとマギーと契約している時点で、デイビスをパワーフォワードとして起用する可能性がありました。

カズンズが負傷したとしても、それを埋めることはできます。

しかし、それはレイカーズもデイビスも望んでいることではなく、デイビスにさらなる負担がかかってしまうことになるでしょう。

やはり怪我は、あまりに不運で残酷です。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-考察
-

© 2021 NBA TOPICS