契約延長を望むPJ・タッカー「今まさに延長の時」

出典:flipboard.com

2017年にヒューストン・ロケッツと4年3,180万ドル(約33億円)の契約を結んだPJ・タッカーは、3年目の契約を迎えます。

 

しかし、タッカーの最終年の契約は部分的にしか保証されていないため、彼はロケッツとの契約延長を望んでいるようです。

 



タッカーは『The Athletic』のケリー・イコ氏に対し、自身の契約延長についてこう語りました。

 

「今まさに延長の時が来たから、様子を見ようか。僕たちは何が起こるか見ることになるだろうね。僕は楽観視しているよ。いずれ分かるさ」

 

タッカーは過去2シーズンにおいて、ロケッツの主要なメンバーの一人であり、この間に出場した164試合で平均6.7得点、5.7リバウンド、1.3スティールを記録しました。

 

同時に、彼は厄介なスリーポイントシューターであり、チームで最も汎用性の高いディフェンダーでもあり、スモールラインナップでも重要な役割を果たしています。

 

唯一の懸念があるとすれば、既に34歳であるということでしょうか。

 

しかし、年齢による衰えはあっても、過去7年間で欠場した試合がわずか8試合しか無いことは、十分な評価に値することです。

 

ロケッツとPJ・タッカーの契約延長に賛成?反対?
  • 賛成 89%, 209
    209 89%
    209 票 - 89%
  • 反対 11%, 25
    25 11%
    25 票 - 11%
全体の票数: 234票
2019-08-21 - 2019-08-31
この投票は終了しました

ハーデンとウェストブルックへの疑念に、PJ・タッカーが不満「誰だってうまくいかない可能性がある」

2019-08-09

(参考記事:Tucker seeks extension with Rockets: ‘It’s time’

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください