各チームに残された2019年オフシーズンの疑問【セントラル・ディビジョン編】

NBAのどのチームも、2019年のオフシーズンにすべき仕事はほとんど完了したことでしょう。

それでも、まだ1ヶ月以上先のトレーニングキャンプまで、各チームに残された疑問はいくつかあるはずです。

ここでは、2019-20シーズンの開幕を迎えるまでの間に、それぞれのチームが直面する疑問について見ていくことにしましょう。

今回は、セントラル・ディビジョン編です。

blank

各チームに残された2019年オフシーズンの疑問【パシフィック・ディビジョン編】

2019-09-07
blank

各チームに残された2019年オフシーズンの疑問【サウスイースト・ディビジョン編】

2019-08-28

シカゴ・ブルズ

Q:ポイントガードの超過を解決するためにトレードする?

今夏、ブルズはポイントガードの選手の補強に余念がありませんでした。

ドラフトでは全体8位でコービー・ホワイトを指名し、トーマス・サトランスキーともサイン&トレードで契約を結んでいます。

これで十分なようにも思えますが、ブルズはライアン・アーチディアコノと3年900万ドルの契約を結び、ロスターにはその他にもクリス・ダンや、部分保証とはいえシャキール・ハリソンもいるため、明らかにポイントガードが超過していると言えるでしょう。

ホワイトは確実にブルズの将来を担う選手として期待されており、サトランスキーとアーチディアコノも契約からして計画の一部ということを考えると、ブルズがオフシーズンのうちにダンや、ハリソンのトレードに動く可能性も少なからず考えられます。

クリーブランド・キャバリアーズ

Q:契約最終年の選手の活用法は?

再建という割に、キャバリアーズにはさほど若くない選手が集まり過ぎています。

ケビン・ラブとラリー・ナンスJr.は、既に今後4年間の契約が保証されているため仕方ないとしても、他の選手はどうでしょうか?

トリスタン・トンプソン、ブランドン・ナイト、ジョーダン・クラークソン、ジョン・ヘンソン、マシュー・デラベドーバは、契約最終年を迎えている選手ですが、彼らは計6,700万ドルもチームのサラリーを占めています。

キャバリアーズが彼らのうち何人を残したいと考えるかは分かりませんが、契約最終年の選手はトレードの面でかなり役に立つケースがあります。

優勝争いをするチームなどに契約最終年の選手をトレードし、その代わりに指名権を得ることも可能であるため、キャバリアーズは意外と多くの資産を持っていることを忘れてはなりません。

デトロイト・ピストンズ

Q:アンドレ・ドラモンドは契約延長を結ぶ?

アンドレ・ドラモンドは最近、インスタグラムで、ピストンズに残留する意思を示しながらも、無制限フリーエージェントとなる過程が楽しみだと明かしました。

このコメントを考えれば、ピストンズがドラモンドに契約延長を提示したとしても、合意に至るのは難しいかもしれません。

それでも理論上では、ピストンズはドラモンドに4年1億4,500万ドル以上を契約延長を提示できるため、彼が考えを変える可能性は十分にあります。

インディアナ・ペイサーズ

Q:ビクター・オラディポの回復の経過は?

1月下旬に右膝大腿四頭筋の腱を断裂したビクター・オラディポは、回復に専念していますが、その進捗状況がどうなっているのかは疑問でしょう。

最後に彼についての情報が明らかになったのは6月のことで、ペイサーズのバスケットボール運営部門社長であるケビン・プリチャード氏が、「今年の12月か来年の1月の復帰を望んでいる」と語ったことでした。

情報が無いということは「変わりない」と捉えるのが最適であり、たとえ序盤の復帰が間に合わなくとも、ペイサーズには戦えるだけのタレントが揃っています。

しかし、ペイサーズがイースタン・カンファレンスで上位争いを繰り広げたいのであれば、オラディポの早期の復帰はこれ以上ない良いニュースです。



ミルウォーキー・バックス

Q:ドラガン・ベンダーは15人目の男?

バックスはロスターのうち、既に14人の選手のサラリーが保証されているため、残る枠はあと1つとなっています。

ドラガン・ベンダーが15人目の選手でしょうか?

しかし、彼の契約は30万ドルしか保証されていないため、バックスには柔軟性があります。

もし、トレーニングキャンプでバックスが別のポイントガードや、ウィングの選手が欲しいと判断した場合、ベンダーはお払い箱となってしまうかもしれません。

『Amico Hoops』のベン・スティナ―氏によれば、バックスはジョディ・ミークスに関心を持っているとも伝えられているため、15人目の男が誰になるかは定かではないでしょう。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。