”新人王”に焦点を当て、脚光を浴びる準備が整っているRJ・バレット

『Daily News』のステファン・ボンディ氏によると、ニューヨーク・ニックス期待の新人であるRJ・バレットは、実力を疑われることや、見落とされることについて、慣れていると語りました。

「カナダ出身だからね。自分の人生をずっと疑われてたんだ。だから今は慣れているよ」

blank

ニックスのプレイオフ出場を確信しているボビー・ポーティス

2019-07-22



『Vegas betting odds』のオッズによれば、ニックスは今季も50試合以上に敗れ、7年連続でプレイオフ進出を逃すと予想されましたが、もっと厳しい現実を突きつけられたのは、2019年のドラフトで指名された選手に、その年のルーキーがそれぞれ投票する新人選手アンケートでした。

バレットは全体3位指名の選手であったにも関わらず、「新人王」と「最高のキャリアを送れる選手」の項目で、それぞれ2票ずつしか得られず、その他の項目は1票たりとも得られなかったのです。

しかし、バレットはアンケートの結果を受けても、こう語りました。

「全てが終わって結果を見れば、誰もアンケートのことなんて覚えていないだろうね」

バレットはニックスのプレイオフ出場と、自身の新人王受賞の、2つの野心的な目標を定めています。

「(新人王は)間違いなく重要だ。子供の頃から考えていたことだからね。それを達成する唯一の方法は、ハードに取り組むことだと思っていたんだ」

もちろん、ニックスにとって1988年のマーク・ジャクソン以来受賞経験の無い新人王を獲得するのは、簡単なことではありません。

長い出場時間や、重い責任を背負う必要もあるでしょう。

バレットの最大の強みは、スコアリングです。

それを発揮できるかどうかが重要ですが、あるNBAのエグゼクティブの一人は『Daily News』に対し、バレットの得点能力についてこう評価しました。

「RJなら大丈夫だ。彼はスコアラー。NBAで得点できるはずだ」



バレットのもう一つの強みは、ポジションという型にはまらないことです。

ガード、もしくはフォワード――バレットはニックスでも、ポジションに縛られずにプレイできる自信を持っています。

「僕はプレイメイカーだと思っている。それはコーチK(デューク大のマイク・シャシェフスキーHC)が、僕に何度も言い聞かせたことだ。バスケットボール選手であるようにとね。だから、僕たちにはポジションなんて無かったんだ」

サマーリーグで足に軽傷を負い、FIBAワールドカップの出場もやむなく断念したバレットですが、彼は自信の目標のために脚光を浴びる準備が整っています。

自身のポテンシャルを申し分なく発揮し、懐疑論者を静まり返らせられるか、期待しましょう。


いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。