トピックス

デリック・ローズがマーカス・スマートを称賛「一緒にプレイしてみたい」

ボストン・セルティックスのマーカス・スマートは、チームの主要なディフェンダーとして評価されており、一方でオフェンス面で評価されることは多くありません。

しかし、元MVPで、今夏にデトロイト・ピストンズへ移籍したガードのデリック・ローズは、スマートの毎試合コートで見せる粘り強さや、アグレッシブさを称賛しています。



ローズは新たな自叙伝『I’ll Show You』で、スマートについてこう綴りました。

「僕は常に、自分がフーパー(ショットを決める選手)だと言ってきた。フーパーは何でも出来ると思う。マーカス・スマートも同様にフーパーだ。識者は、彼が欲しいとは言わない。しかし試合を見ると、彼らは”もちろん彼を私のチームに加えたい”って言うんだ。ビッグショットを決められる、言うことはそれだけ。彼は僕が一緒にプレイしたい男だね」

スマートは昨季80試合に出場し、1試合あたり平均8.9得点に終わったものの、スリーポイントシュート成功率は36.4%とキャリアハイの数字を残しました。

来季もディフェンダーとしての役割に注目が集まるであろうスマートですが、ローズが称賛する彼のオフェンスも見逃せません。

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS