リポート

2021年にサラリーキャップが跳ね上がる可能性アリ?

NBAのリーグにおけるサラリーキャップは年々増加しており、その勢いが緩まる様子は無さそうです。

『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏によれば、2020-21シーズン、2021-22シーズンのサラリーキャップとラグジュアリー・タックス・ラインについて、NBAは現在の予測値を通知しました。

NBAは、2020-21シーズンのサラリーキャップが最大1億1,600万ドル、タックス・ラインが最大1億4,100万ドル、2021-22シーズンのサラリーキャップが最大1億2,500万ドル、タックス・ラインが最大1億5,100万ドルになると伝えています。

これは過去の予測値に基づくと、2020-21シーズンは100万ドルの減少となり、2021-22シーズンは変化がありません。



この情報は、興味深い内容でもあります。

2019-20シーズンのサラリーキャップは1億914万ドルであり、前シーズンと比較した場合の上昇量は、NBAの歴史上で2番目に多い数字でした。(最も多いのは2015-16シーズンから2016-17シーズン)

しかし、情報通りのサラリーキャップで進むと、2020-21シーズンから2021-22シーズンへかけてのサラリーキャップの上昇量は約900万ドルになるため、今回の上昇量を上回ることになります。

つまり、2021年のフリーエージェントに使えるサラリーが増えるということになりますが、この時のフリーエージェントは誰が居るのでしょうか?

レブロン・ジェームズやヤニス・アデトクンボ、カワイ・レナード、ポール・ジョージなど、タレントの数が今年以上のものである可能性があります。

使えるサラリーが増えるというのは、移籍先の憶測を増やすことにも繋がるでしょう。

2年後の夏は、より面白い夏となるかもしれません。

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS