リポート

カワイ・レナード、ポール・ジョージが東京五輪出場を希望

ロサンゼルス・クリッパーズのスーパースターであるカワイ・レナード、ポール・ジョージは、来年に開催される東京オリンピックの出場を望んでいます。

日曜日に行われたチームのメディアデーで、彼らはそれを宣言しました。



『USA Today』のマーク・メディナ氏によれば、ジョージは次のように語っています。

「僕は出たい。うまくいけば、僕は健康的なシーズンを送ることができる。時が来たら、オリンピックに出場して、代表の一員となりたい。でも、もちろんこっちがファーストで、(オリンピック出場は)今季を乗り切ってからだね」

トロント・ラプターズで優勝を経験したレナードも、新たなチームメイトと同じ考えを明らかにしました。

「プレイしたい。でも、今はワンステップずつ進んでいる。今は、クリッパーズをファイナルへ導くことだ」

東京オリンピックには、既にステフィン・カリーやケビン・デュラント、アンソニー・デイビスなど、多くのスーパースターが出場を希望しています。

その全員が出場とはいかなくとも、顔ぶれは間違いなく豪華なものとなるでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS