グレッグ・ポポヴィッチHC:「ダービスを失うのは難しい決断だった」

出典:airalamo.com

この夏、サンアントニオ・スパーズは信じ難い問題に直面しました。

 

スパーズは7月、マーカス・モリスと2年2,000万ドルの契約に口頭合意したことで、キャップスペースを生み出すために、26歳のシャープシューターであるダービス・ベルターンスをワシントン・ウィザーズへトレードしました。

 

しかしその数日後、モリスは考えを変え、ニューヨーク・ニックスと1年1,500万ドルの契約を結んだのです。



2ヶ月経った今でも、ベルターンスを失ったスパーズの憂いが消え去ることはありません。

 

『San Antonio Express-News』のトム・オースボーン氏によれば、スパーズの指揮官であるグレッグ・ポポヴィッチHCは、ベルターンスの放出とモリスの合意破棄について、次のように言及しました。

 

「ダービスを失う決断をするのは難しかった。プロらしさに欠けた、悲運な事態とだけ言っておこう。ダービスはみんなが知っているように特別な選手で、若く、どんどん成長していた。だから、我々は彼を失いたくはなかったんだ」

 

それでも、より競争力が激しくなるであろうウェスタン・カンファレンスで生き残るために、スパーズはベルターンスを放出し、モリスを獲得するという苦渋の決断を下しました。

 

もし、モリスを獲得できないと分かっていれば、スパーズはベルターンスを放出しなかったのでしょう。

 

しかし、口頭の契約合意を破棄するのは、プロフェッショナルでなくとも違反ではなく、ましてや全く異なるトレードを取り消すこともできません。

 

結果的に、スパーズはベルターンスも、モリスも手元に残せないまま、代わりにフリーエージェントのトレイ・ライルズと契約するしかありませんでした。

 

スパーズの将来の鍵を握る2人の若手

2019-09-07

(参考記事:Gregg Popovich: Spurs were blindsided by ‘unprofessional’ Marcus Morris situation

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください