トピックス

多才な能力で、ポジションに縛られないトーマス・サトランスキー

今年の夏にシカゴ・ブルズと3年契約を結んだトーマス・サトランスキーは、昨季にワシントン・ウィザーズで負傷したジョン・ウォールの代わりを務めたこともあり、一般的にポイントガードの選手として知られています。

しかしブルズには、今年のドラフトで全体8位指名を受けたコービー・ホワイト、再契約を結んだライアン・アーチディアコノ、その他にもクリス・ダンやシャキール・ハリソンといった、ポイントガードの選手が多く集まっているため、サトランスキーは彼らとプレイタイムを分かち合うのでしょうか?

それは違います。

6フィート7インチ(約200cm)と、ポイントガードとしては比較的大きい選手であるサトランスキーは、同時に多才さを兼ね備えており、ブルズに多くのものをもたらせるでしょう。

[kanren postid="15187"]



『NBC Sports Chicago』のマーク・ストロートマン氏によれば、月曜日に行われたチームのメディアデーの中で、ブルズのバイスプレジデントであるジョン・パクソン氏は、サトランスキーについて次のように語りました。

「彼はプレイの仕方を理解している。優れたパサーであり、優れたシューターであり、優れた決断者だ。オフボールの状態でもプレイすることができる」

パクソン氏が指摘するように、サトランスキーは昨季にウィザーズでプレイしていた時、ポイントガードでありながら自身の出場時間の60%はオフボールの状態で動いていました。

サトランスキー自身も、パクソン氏の評価に同調しています。

「ヨーロッパと(NBAの)キャリア全体で多くポイントガードをやってきたけど、オフボールでプレイすることが多かった。僕にとっては難しいことではなかったけど、それでもNBAは(ヨーロッパと比べて)異なるタイプのプレイで、相手は明らかにフィジカルが強く、運動能力が高い。だから、ディフェンスは大変だったよ。でも、選手の傾向を知ることで、良くなったよ」

サトランスキーの多才さは、すぐにブルズに必要とされる可能性があります。

2年目を迎えるフォワードのチャンドラー・ハッチソンは、ハムストリングに張りを感じていたために練習に参加しておらず、足首の怪我により昨季を全休したデンゼル・バレンタインも、少しずつ慣らしていくことになるでしょう。

ウィザーズで2年以上を共にしたオットー・ポーターJr.も、サトランスキーの多才さについて次のように語っていました。

「とても多才で、多くのポジションでプレイでき、試合に関する知識もある。成長と改善を続けていて、僕に感銘を与えたね」



もちろん、サトランスキーがポイントガードでプレイする時間が、数分しかないというわけではありません。

ブルズの指揮官であるジム・ボイレンHCは、ポイントガードのポジション争いに注目しています。

「ポイントガードの競争は当然のことで、フランチャイズにとっても良いことだ。ポイントガードを備えたシステムも構築している。2番や、3番に(ポイントガードを)入れるんだ。それによって、サトは1番や2番、3番でプレイできるし、ダンも1番、2番、3番をプレイできる。シャックも1番、2番、3番でプレイでき、アーチーは1番か2番でプレイすることができる。柔軟性と汎用性がポジションよりも重要なら、我々は少し違ったやり方をするだろうね」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS