レイカーズ対ウォリアーズのプレシーズン初戦で見えた”5つのポイント”

出典:flipboard.com

チェイス・センターで行われた、ロサンゼルス・レイカーズ対ゴールデンステート・ウォリアーズのプレシーズン初戦は、レイカーズが123-101で快勝し、明暗がハッキリと分かれる試合となりました。

 

レイカーズのアンソニー・デイビスは18分間で22得点、10リバウンドのダブルダブルを、レブロン・ジェームズも17分間で15得点、8アシストを記録しています。

 

一方のウォリアーズは、ステフィン・カリーが17分間で18得点、新人のジョーダン・プールが4本の3ポイントシュート成功を含む17得点を記録しました。

 

それでは、この試合で見えた”5つのポイント”をおさらいしましょう。

 



ジェームズ&デイビスの脅威

昨季の3月から、私たちはアンソニー・デイビスのプレイを見ていなかったため、彼がどれだけ優れた選手であったか忘れていたかもしれません。

 

プレシーズン初戦を通じて、なぜ彼がスーパースターの一人であるのか、思い出せたことでしょう。

 

レブロン・ジェームズが試合を動かし、デイビスが豊富なオフェンスのレパートリーでショットを決める…

 

理論上では厄介だと思われていた2人ですが、明らかに相性が良く、互いが互いを補完し合っているため、実際は想像以上に脅威的なペアのようです。

 

ウォリアーズらしさの欠如

このオフシーズンでロスター全体に大きな変化があったため、仕方のないことかもしれませんが、ウォリアーズは攻守で混乱しているように見えました。

 

いくつかのディフェンスのミスにより、オープンな状態でアリウープや3ポイントシュートを許してしまったと同時に、オフェンスでは数え切れないほど、間違ったスポットに立っていたようです。

 

ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、プレシーズン初戦は決して素晴らしいものではないと、ファンに忠告しました。

 

ツインタワーの悪夢

アンソニー・デイビスはセンターでプレイすることを嫌がり、代わりにセンターにジャベール・マギーが起用されていますが、その利点は明らかです。

 

長さやリムプロテクトは、もはや理不尽とも言えるようなもので、しばしばミスマッチを見つけては、デイビスやマギーにロブパスを送り、ダンクをもたらしました。

 

全てのラインナップにツインタワーが機能するわけではありませんが、デイビスの隣にマギー(またはドワイト・ハワード)を置くことは、相手にとって攻守で悪夢を見る可能性があります。



ディアンジェロ・ラッセルのスロースタート

ディアンジェロ・ラッセルのウォリアーズデビューは、デイビスと異なり不完全燃焼で終えることになりました。

 

フィールドゴールは9本中2本成功、3ポイントシュートは4本全てを失投しています。

 

ラッセルが新たな環境に順応するためには、もうしばらくの時間がかかるかもしれませんが、言うまでもなく、ウォリアーズの勝利には彼のショットが必要となってくるでしょう。

 

先は長い

結論を考えるのは楽しいことですが、プレイオフはもちろんのこと、レギュラーシーズンさえもまだ開始しておらず、考慮すべきことは多くあります。

 

選手の成長、トレード、あるいは負傷…

 

シーズン開幕前のロスターと、シーズン終了後のロスターが、必ずしも一致するとは限りません。

 

ただ少なくとも、レブロン・ジェームズ、アンソニー・デイビス、ステフィン・カリー、ドレイモンド・グリーンといったスター選手がコート上で競い合っており、それを見られたことによって、NBAに熱中する楽しみが迫っていることは実感できたでしょう。

 

(参考記事:Lakers vs. Warriors score: LeBron James-Anthony Davis combo looks scary, Warriors look confused in Chase Center debut

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください