トピックス

ホーネッツの決断を尊重するケンバ・ウォーカー「まだ組織や周り全てが大好き」

シャーロット・ホーネッツはこの夏、8年間に渡ってチームを支えてきたケンバ・ウォーカーに対し、最大限の投資を怠ったのでしょうか?

ウォーカーは5年最大2億2,100万ドルに及ぶスーパーマックス契約の資格を得ていましたが、ホーネッツは5年1億6,000万ドルほどの契約を提示し、結果的にウォーカーはボストン・セルティックスへの移籍を決断しました。

ウォーカーとセルティックスの契約は5年1億4,900万ドルと、ホーネッツが提示したオファーより約1,900万ドルも少ない金額です。



『The Charlotte Observer』のリック・ボンネル氏のインタビューで、ウォーカーはホーネッツのオファーについて、自身の考えを明かしました。

「彼らはオファーを提示してきたけど、受け入れられるものではなかった。彼らが出せる(最大限の)お金だったと思うよ。彼らが(ラグジュアリー)タックスを超えたくないというのは理解している。完全に理解しているよ。結局のところ、これはビジネスだから、僕は彼らの決断を尊重する。悪い感情も全く無い。僕はまだ、組織や周り全てが大好きさ。僕にとって(去ること)は辛かったし、彼らにとっても辛かったと思う。だけど最終的には、人生で辛いことをしなければならないんだ」

それからウォーカーは、自身のキャリアで2度しかプレイオフに進出できなかったシャーロットと、新天地のボストンの雰囲気の違いについて、次のように語ります。

「ここでは、勝つことが全てだ。プレイオフに毎年進出すること。その文化や、雰囲気を、毎日感じることができる。(セルティックスの)練習施設に足を踏み入れれば、全ての(優勝の)バナーが並んでいるんだ。アリーナにも、全てのバナーがある。そんな伝統的な組織だ。彼らが知っているのは勝利だけ。とても高い期待がある。それは難しいかもしれないけど、僕が望んでいることだ。期待を背負い、最高のレベルで競いたい」

-トピックス
-,

© 2020 NBA TOPICS