トピックス

ヒート球団社長、ジェームス・ジョンソンの追放に「やらなければならなかった」

先日、『Miami Herald』のバリー・ジャクソン氏によると、マイアミ・ヒートのジェームス・ジョンソンの代理人であるマーク・バーテルスタイン氏は、ジョンソンが体重の調整を怠ったために、球団社長のパット・ライリー氏がトレーニングキャンプから彼を追放したと語りました。

それから数日が経ち、『South Florida Sun Sentinel』のアイラ・ウィンダーマン氏によれば、ライリー氏は、間もなくジョンソンがチームに加わることになると語っています。

「彼(の加入)はすぐそこだ。非常に短い期間で、(ヘッドコーチの)エリック(スポールストラ)に引き渡すだろう」



ライリー氏は、ジョンソンに対して悪感情を抱いていないものの、トレーニングキャンプからの追放は「やらなければならなかった」と語りました。

「特定の目標や性質に欠ける選手に対しても、私は常にそういった感覚を持っている。やらなければならなかったことだ。彼が(コンディショニングを)行うことで、私も(加入を)認める。コンディショニングの条件を満たせば、彼からチームを奪うことはしないよ」

ジョンソンは今シーズンに1,520万ドル、2020-21シーズンに1,600万ドルのサラリーが保証されており、先発のパワーフォワードとして起用される可能性のある選手です。

主要な戦力であろうと、なかろうと、ライリー氏は実現可能な条件を満たせない選手には、厳しい決断を下すことも躊躇しません。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS