アンソニー・デイビスにレブロン・ジェームズを売り込んだのは…?

過去にも何度か、ニューオリンズ・ペリカンズは悪しき契約を結んできたかもしれません。

アレクシス・アジンカとの4年2,000万ドル、ソロモン・ヒルとの4年4,800万ドル、オメール・アーシックとの5年6,000万ドルの契約――

しかし、最悪の契約は、2015年にケンドリック・パーキンスと結んだ1年ミニマム契約だった可能性があります。



パーキンスがペリカンズと契約する前のシーズン、彼は途中から、当時レブロン・ジェームズが在籍していたクリーブランド・キャバリアーズでプレイしていました。

『ESPN』のデイブ・マクマホン氏は、パーキンスはデイビスに対し、ジェームズの素晴らしさを熱心に共有していたと指摘しています。

2015年に遡り、NBAのジャーニーマンであるセンターのケンドリック・パーキンスは、ニューオリンズに移籍し、ペリカンズでデイビスと1シーズンを共にプレイした。二人は遠征中に、しばしば食事を共にし、ディナーの会話の内容は頻繁にジェームズに向けられた。ディナーの間に、パーキンスは4度のMVPを誇る選手のフォーカスや、準備について、夢中に喋っていたのだ。

パーキンスは「彼にブロンのことを、よく自慢したものさ。彼が(ジェームズについて)聞く必要なんてなかったよ。僕がたくさん話していたからね」と語った。

2018年の夏、デイビスが新たな代理人を探している可能性があると言われた時、パーキンスはデイビスに『Klutch Sports』を紹介した。

『Klutch Sports』の創設者であるリッチ・ポール氏は、有名な代理人であり、ジェームズの代理人も務めているため、大きな転機となったことは間違いないでしょう。

デイビスはポール氏と契約し、ポール氏はデイビスをロサンゼルス・レイカーズへ導きました。

これらが事実であったとしても、当然パーキンスに全ての責任があったわけではありません。

ペリカンズはデイビスの周囲を固めることに失敗しただけでなく、そもそもニューオリンズ自体が小さな市場であるため、スター選手の獲得も難しいことです。

しかし、やはり種を蒔いたのはパーキンスになるでしょう。

ペリカンズは、デイビスを手放すことを望んではいませんでした。

とはいえ、ペリカンズはデイビスを手放したことで、レイカーズから相応以上とも言える見返りを得ることができました。

ドラフト1位指名権を獲得し、ザイオン・ウィリアムソンを加えることもできました。

ペリカンズは最も望んでいた道を進めたわけではないものの、今のところは絶好調のようです。

もし、新たなステップを開始したペリカンズが成功した場合、パーキンスとの契約は、皮肉にも最高の契約となるのでしょうか?

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!