リポート

一部のウォリアーズの選手が、マーキース・クリスのロスター入りを要求

ゴールデンステイト・ウォリアーズのマーキース・クリスは、土曜日に行われた今季最初のプレシーズン戦で13分間に出場し、8得点、6リバウンド、4アシストと、早くも影響力を及ぼせることを示しました。

『The Athletic』のマーカス・トンプソン二世氏によると、一部のウォリアーズの選手たちは、クリスのロスター入りをゼネラルマネージャーのボブ・マイヤーズ氏に頼んだようです。



クリスがウォリアーズのロスターに加われば、ケボン・ルーニーやウィリー・コーリー・ステインが負傷したとしても、彼らの穴を埋めることができるでしょう。

しかし、ウォリアーズはオフシーズンにディアンジェロ・ラッセルをサイン&トレードで獲得したことで、ハードキャップの制限を受けているため、クリスをロスターに加えることはできません。

もし彼をロスターに加える場合、ウォリアーズは契約が保証されている13人の選手のうちの誰かをトレードするか、あるいは158万8,231ドルの保証されていない契約を結んでいるアルフォンゾ・マッキニーを放出する必要があります。

クリスは自身の置かれている現状について、次のように語りました。

「コーチからはポジティブなことを聞いたよ。ただ、僕は広い心を持って、コーチングを受け続けようとするだけさ。ここで上手くいくかどうかに関わらずとも、この場所で、他の場所に進むことができるいくつものことを学べた。僕の目標は、僕がどこに居るべきかを示し、彼らにプレッシャーを与えることだったと思うよ」

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS