トピックス

全体2位指名の過去に、ロンゾ・ボールは「その基準を満たしていなかった」

昨シーズンが終わって数日後、ロサンゼルス・レイカーズとニューオリンズ・ペリカンズは大型トレードを行い、ロンゾ・ボール、ブランドン・イングラム・ジョシュ・ハート、そして大量のドラフト指名権が、アンソニー・デイビスと引き換えにペリカンズへ送られました。

この話はこれまでにも何度も語られており、可能な限りあらゆる角度から取り上げられていますが、それでも当事者の一人がこの状況を振り返るのは、いつでも面白いものです。



ボールは『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏との対話で、ペリカンズの明るい未来の可能性を含む多くの話題について話しましたが、おそらく最も興味深いのは、彼が2017年のドラフトで全体2位指名をされ、その期待に応えられなかったと認めたことでしょう。

「それほどプレッシャーではなかったんだ。そうすることになっていた。全体2位の仕事は、フランチャイズを好転させなければならないこと。そこで、僕は自分の能力を最大限に発揮したとは思っていない。僕はその基準を満たしていなかったんだ。そして僕はここにいる。ここにいるのは幸せだよ」

「これらは全く異なる2つのシチュエーションだ。ロサンゼルスでの最初の年は上手くいかなかったものが、レブロン(ジェームズ)がやってきて、あらゆる怪我が起こり、それが2年目をめちゃくちゃにした。ここにはザイオン(ウィリアムソン)、ドリュー(ホリデー)、JJ(レディック)、D. Fav(デリック・フェイバーズ)や、一緒に来てくれたB.I(ブランドン・イングラム)やJ. Hart(ジョシュ・ハート)がいるから、プレイできる選手はたくさんいる。僕は自分の役割を果たそうとしているんだ」

ロサンゼルスでフランチャイズの将来を担うと期待されながらも、ボールは負傷に苦しみ、2シーズンで164試合中99試合にしか出場できず、フィールドゴール成功率も38%と低迷しました。

ボールが期待していたほど上手くプレイできていないのは周知の事実でしたが、それでも彼の言葉を聞くのは興味深いことです。

彼は失敗から目を背けることも、なぜ上手くいかなかったのか言い訳をすることもありません。

そして、それは良い兆候だと言えるでしょう。

期待外れの2シーズンと言えど、ボールは決して負けたわけではありません。

少なくとも、ボールは優れたプレイメイキング能力と、強力なディフェンスを備えており、彼が健康状態を維持していれば、それだけでリーグで通用する素晴らしいポイントガードであることは証明されています。

もちろん、ショットの改善は優先事項の一つでしょう。

ボールが最終的に全体2位指名を受けた選手であると納得されるためには、より良いシューターになる必要があります。

彼は既にペリカンズで迎えたプレシーズン戦で新たなシュートフォームを披露しましたが、3試合で3ポイントシュートは16本中5本の成功であるため、まだ改善の余地は多くあります。

しかし、それでも過去2シーズンよりはかなりマシなようで、より良いショットを打つための基盤は整っているように見えました。

ボールはロサンゼルスで期待に応えられませんでしたが、それでもレイカーズが彼を全体2位指名としていたポテンシャルを発揮することはできます。

ニューオーリンズでは、最もエキサイティングなルーキーの一人であるザイオン・ウィリアムソンと一緒にプレイすることで、ボールはよりリラックスした雰囲気の中で、再出発ができることでしょう。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS