トピックス

シックスマンの役割を受け入れ、サンズを支えるタイラー・ジョンソン

フェニックス・サンズのタイラー・ジョンソンは今シーズン、シックスマンとしてチームに貢献することになるでしょう。

27歳の彼は、その役割を担うことにワクワクしています。

ジョンソンは『The Athletic』のジーナ・ミゼル氏のインタビューで、次のように語りました。

「自分にとって最高の選手になりたいのは当然さ。でも同時に、多くの子供は僕のところにやって来て、”そういう男になるはずだった”と思ってしまっている。まあ、NBAには30チームもあるからね…」



その中でジョンソンが見つけた居場所こそ、シックスマンだったのです。

「(シックスマンこそ)僕が得点し、リーグで生き残ってサラリーを受け取れる場所だったんだ。適所を見つけ、それに秀でることが僕のやったことだよ」

最高の選手を望んでいたジョンソンを変えたのは、昨シーズンにチームメイトだったジャマール・クロフォードでした。

ジョンソンはクロフォードについて、次のように語っています。

「彼がその役割を魅力的にしてくれた。彼とルー・ウィル(ロサンゼルス・クリッパーズのルー・ウィリアムズ)が、ベンチから出場することや、それが重要ではないという意識を、変えてくれたんだ」

それからジョンソンは、昨シーズンに負傷によって欠場した25試合から挽回すべく、今シーズンは82試合フル出場することを目標に挙げました。

彼はミゼル氏に対し、オフシーズンの優先事項が「体を健康にすること」だと語っています。

ジョンソンは、2016年に結んだ4年5,000万ドルの契約の最終年になるため、彼にとって今シーズンは勝負のシーズンとなるでしょう

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS