リポート

ウィザーズとブラッドリー・ビールが2年7,200万ドルの契約延長に合意

ワシントン・ウィザーズにとって、これは大きな勝利でしょう。

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏によれば、ウィザーズとブラッドリー・ビールは2年7,200万ドルの契約延長に合意しました。

ビールの契約延長は2021-22シーズンから適用され、2022-23シーズンはプレイヤーオプションが含まれているため、今シーズンの契約を含めると、ビールは最大4年1億3,000万ドルが保証されています。



ビールが早くても2022年にフリーエージェントとなる今回の契約延長は、特にビールにとって大きな意味をもたらすでしょう。

2022年の夏、キャリア10年目を終えたビールがウィザーズと再契約を結ぶ場合、NBA史上最高額となる5年2億6,600万ドルの契約を結ぶ資格を得られるからです。

そして全盛期を迎えているビールとの契約延長は、彼をトレードで獲得しようと試みていたチームにとって、考えを改め直すことを余儀なくさせます。

今シーズン、ウィザーズはリーグで最悪の成績に終わる可能性があるチームの一つと考えられているにも関わらず、ビールはワシントンで戦い続ける決意を示しました。

だからこそ、ウィザーズの大勝利と呼ぶには申し分ないものだと言えるでしょう。

ウォジナロウスキー氏によれば、ビールの代理人であるマーク・バーテルスタイン氏は、ウィザーズとビールの契約延長へ至る取り組みについて、次のように語りました。

「夏から秋にかけてずっと、(オーナーの)テッド(レオンシス)や(ゼネラルマネージャーの)トミー(シェパード)、私、ブラッドの間で多くの対話や会議を含む長いプロセスだった。これはおそらく、ブラッドのキャリアで最も重要な決断になるだろうし、私たちはテッドとトミーに、彼らのビジョンを示す機会を与えたかったんだ。そして、彼らは素晴らしい仕事をしてくれた。将来や、チームをどう構築するのかについて、ブラッドをワクワクさせたんだ。」

「ブラッドは、理想的ならワシントンを離れることはないと、常に私に言ってきた。彼はウィザーズをエリートチームにするために、中心となる義務を感じている。彼は、テッドがあらゆる資産をフランチャイズに注ぎ込んでいることや、何か特別なものを築くことにどれだけ献身的であるか、ワクワクしているんだ」

アキレス腱断裂の回復のため、今シーズンを全休することが予想されるジョン・ウォールは、まだ4年1億7,100万ドルの契約が残っています。

もしウィザーズが再建を始めようとしても、これは大きな妨げとなってしまうでしょう。

それでもウィザーズとビールは、若いセンターのトーマス・ブライアントや、ルーキーの八村塁の成長に期待しています。

首脳陣の誠実さやビジョン、成長が楽しみな若手選手――それだけでも、ビールがワシントンであと2年間プレイするには十分な理由でした。

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-リポート
-

© 2021 NBA TOPICS