勝てないのは誰の責任?ニックスの指揮官が解任間近か

出典:flipboard.com

ニューヨーク・ニックスのデイビッド・フィズデイル・ヘッドコーチは、4年2,200万ドルの契約の2年目を送っていますが、今後数週間以内に仕事を失うことになるかもしれません。

 

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏とマリカ・アンドリュース氏によれば、ニックスの球団社長であるスティーブ・ミルズ氏は、フィズデイルHCを解任するための基盤を築いているようです。

 

また、ミルズ氏は現在のニックスのロスターがイースタン・カンファレンスを競えると考えており、ニックスのオーナーであるジェームス・ドーラン氏に対し、勝てていない理由がフィズデイルHCにあると売り込んでいることが伝えられました。

 

ニックスとのトレード騒動で、クリスタプス・ポルジンギスが”後悔”していること

2019-11-08



一方で、フィズデイルHCは月曜日に記者団に対し、首脳陣は自身に「協力的だ」と語っています。

 

「我々は常に連絡を取り合っている。互いに粋な関係さ。良くも悪くもね。誰もエゴは持っていない。我々はみんな、同じところを目指している」

 

試合後はヘッドコーチが最初にメディアと話し合いをするのが通例ですが、ニックスが11月10日(日本時間11日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦に87-108で敗れた後、最初に記者団と話したのはミルズ氏でした。

 

ミルズ氏は、今のチームが首脳陣の期待に応えられていないと言います。

 

「スコット(ペリーGM)と私は、現状に満足していない。チームは、私たちが予想していた、もしくは期待していたレベルに達していないと考えている」



ニックスが勝てない理由は、本当にフィズデイルHCにあるのでしょうか?

 

ミルズ氏は球団社長として5人のコーチをこれまで雇ってきましたが、2017年にフィル・ジャクソン氏からニックスの球団社長を引き継いで以降のチーム成績は48勝126敗、通算成績としては165勝337敗となっているのは、興味深い数字だとも言えます。

 

ニックスはデイビッド・フィズデイルHCを解任すべき?
  • 解任すべきではない 83%, 272
    272 83%
    272 票 - 83%
  • 解任すべき 17%, 56
    56 17%
    56 票 - 17%
全体の票数: 328票
2019-11-12 - 2019-11-19
この投票は終了しました

ニックスとのトレード騒動で、クリスタプス・ポルジンギスが”後悔”していること

2019-11-08

RJ・バレットはカワイ・レナードに似ている?

2019-11-04

(参考記事:Sources: Knicks president angling for David Fizdale firing

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!