ニックスへの移籍を望んでいたテリー・ロジアー「実現させるつもりだった」

出典:thecardinalconnect.com

シャーロット・ホーネッツのポイントガードであるテリー・ロジアーは、ある時点で自身がニューヨーク・ニックスへ移籍しようとしていたことを明かしました。

 



『New York Post』のマーク・バーマン氏によれば、ロジアーは自身のフリーエージェントについて次のように語っています。

 

「(ニックス移籍は)最初の選択肢の一つだっただろうし、それを実現させるつもりだった。だけど様々なことがあって、シャーロットへ移籍することになったんだ。彼らが僕に示してくれた関心が大きかったね。組織が僕を信じてくれていたんだ。僕はフリーエージェントが始まると、どれだけクレイジーなのか分かっていなかったよ」

 

『New York Post』によると、ニックスもロジアーの獲得は狙っていました。

 

しかし、最終的に彼はホーネッツと3年5,800万ドルの契約を結び、ニックスはエルフリッド・ペイトンと2年1,500万ドルの契約を結び、ポイントガードを埋めることになりました。

 

ロジアーはこう語ります。

 

「(ニックスは)積極的だったチームの一つだった。夜も寝られず、代理人との電話がたくさんあったよ」

 

【今回の一問一答クイズ】

テリー・ロジアーと同じ出身校で、ロジアーが指名されたドラフト年に揃ってドラフト指名を受けた選手は?

  • ケボン・ルーニー
  • モントレズ・ハレル
  • ノーマン・パウエル

正解!正解!

不正解!不正解!

モントレズ・ハレル

テリー・ロジアーはルイビル大の出身で、2015年のドラフトに全体16位で指名。現ロサンゼルス・クリッパーズのモントレズ・ハレルもルイビル大の出身で、2015年全体32位で指名されました。

ケンバ・ウォーカーとの比較を嫌うテリー・ロジアー「自分自身を証明したい」

2019-10-01

(参考記事:Terry Rozier really wanted to be Knicks point-guard solution

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください