サンズの好調にオーナーも大満足「負けることよりずっと楽しい」

出典:z101digital.com

フェニックス・サンズのオーナーであるロバート・サーバー氏は、チームの2019-20シーズンの好調なスタートに感銘を受けており、チームワークやハードな取り組みを称賛しました。



『Arizona Republic』のデュワン・ランキン氏によれば、サーバー氏がサンズの現状について、次のように語りました。

 

「勝つことは、負けることよりもずっと楽しい。今シーズンは多くのことが一体となっている。トレーニングキャンプの後、選手たちに”まだ試合をしていないが、私たちは(昨シーズンより)ずっと良い位置にいる”と伝えたんだ」

 

現在、サンズは7勝4敗でウェスタン・カンファレンスの5位となっており、主力センターのディアンドレ・エイトンの出場停止処分があるにも関わらず、印象的な健闘を見せています。

 

昨シーズン、フランチャイズ史上2番目に悪い成績である19勝63敗で終えたことを考えると、このステップアップは誰も予想できなかったものだと言えるでしょう。

 

サーバー氏は、サンズが勝利を築けている要因について称賛しました。

 

「ボールが共有されているということを気に入っているよ。ボールが共有されれば、ショットが打ちやすくなり、ディフェンスも簡単になると思う。だから、私はそのプレイスタイルが素晴らしいと思っているんだ。モンティ(ウィリアムズ・ヘッドコーチ)が選手に責任を負わせ、出場時間を保証させていないということも気に入っているよ」

 

今のサンズは、リーグで決して侮れないチームの一つです。

 

2009-10シーズン以来のプレイオフへ進むためにも、まだ70試合以上ある中でサンズに求められるのは、常に高いレベルのプレイを続ける一貫性だと言えるでしょう。

 

【今回のクイズ】

フェニックス・サンズが最後に勝率5割以上でシーズンを終えたのはいつ?

サンズのベンチ陣がパトリック・ベバリーの退場に”バイバイ”

2019-10-28

サンズに放出を見返したいTJ・ウォーレン「サンズは失敗した」

2019-10-20

(参考記事:Robert Sarver gushes about Phoenix Suns’ strong start, new $45 million practice facility

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!