トピックス

セルティックス戦の前に、古巣について語ったアーロン・ベインズ

過去2シーズンでボストン・セルティックスで過ごしたセンターのアーロン・ベインズは、今年の夏にチームがケンバ・ウォーカーを獲得するためのキャップスペースを確保する狙いによって、フェニックス・サンズへトレードされました。

そして今、2018年ドラフト1位指名のディアンドレ・エイトンが禁止薬物による出場停止処分を科されていることで、ベインズは先発センターとして活躍する機会を得ており、7年間のキャリアよりも遥かに良いシーズンを送っています。

[kanren postid="16157"]



『Boston Herald』のスティーブ・ブルペット氏によれば、11月18日(日本時間19日)に行われたセルティックス戦の前、ベインズは古巣についての様々なインタビューに答えました。

自身の3ポイントシュートがセルティックスにもたらした影響

「(セルティックスのブラッド・スティーブンス・ヘッドコーチが)自信を与えてくれた。ある日、ブラッドにこう言われたんだ。もし僕がシュートを打たなければ、チームに損害を与えることになるってね。だから、僕はコートで実際にやるべきことをしないといけないんだ。コーチからの信頼があれば良い仕事さ」

セルティックスからトレードされたことについて

「過去を振り返る必要は無い。人々は”もしも…”なんて尋ねてくるけど、必要なのは僕が(サンズで)何をするのかについて考えること。だから、僕はここでプレイし続けることが楽しみだよ」

元チームメイトに目を向けることについて

「僕にとって一番の楽しみは、彼らが今でも元気でやっていることだね。僕は自分のチームだけじゃなくて、そういったものにも目を向けている。仲間に目を向けるのは、いつだって良いことさ」

試合には85-99で敗れたものの、ベインズは9得点、6リバウンドのほか、チームトップの5アシストを記録しました。

[quiz question="7本,21本,63本" answer="21本" kaisetsu="2018-19シーズンにアーロン・ベインズが決めた3ポイントシュートの本数は21本。ちなみに今シーズンは、12試合終了時点で既に23本とキャリアハイの数字を残しています。" random="false"]2018-19シーズンにおける、アーロン・ベインズの3ポイントシュート成功数は?[/quiz] [kanren postid="16157,15756"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS