ドリュー・ホリデーの願い――アンソニー・デイビスへ”敬意”を

出典:basket-infos.com

11月27日(日本時間28日)に行われるロサンゼルス・レイカーズ対ニューオリンズ・ペリカンズの一戦が迫る中、ペリカンズのドリュー・ホリデーは、かつてのチームメイトとの対戦で願っていることがあります。

 

今年6月にペリカンズからレイカーズへトレードされたアンソニー・デイビスは、自身が公の場で不満やトレードの要求を明らかにしていたこともあり、今回の対戦でブーイングを受けるだろうと語っています。

 

しかし、ホリデーがファンに求めているのは、そのような反応ではありません。

 

トレード後初の古巣との対戦に、アンソニー・デイビスは「考えずにはいられない」

2019-11-25



『USA TODAY』のマーク・メディナ氏によれば、ホリデーは火曜日の練習の後、ファンがデイビスに対し”敬意”を払うことを願っていると語りました。

 

「彼を称えるんだ。彼はここの一員になってから、この都市のために、この組織のために、多くのことをしてきた。だから、彼に敬意を払ってほしい」

 

もちろん、その願いが全てのファンに届くとは限りません。

 

ペリカンズのアルビン・ジェントリー・ヘッドコーチも、ブーイングをするかどうかは「ファンが決めることだ」と理解しています。

 

「彼らは、お金を払ってチケットを購入している。自分たちがすべきと思うことは、何でもやるのが彼らの特権だ」

 

それでもジェントリーHCは、少なくともペリカンズというチームがデイビスに恨みを持つことはないと強調しました。

 

「我々のチーム全員に聞いてみれば、彼らはAD(アンソニー・デイビス)が好きで、良いやつだと言うだろうね」

 

実際、ホリデーは今年の夏にデイビスとトレーニングを行い、バスケットボール以外のことであれば何でも気軽に話し合っていたことを明かしており、トレードによって彼らの友情が失われたわけではありません。

 

そのため、ジェントリーHCも、トレードの要求の騒動にはもっと上手く対処できたことを認めながらも、7年間もチームに尽くしてきたデイビスにはトレードを要求する権利があったと語りました。



どのような雰囲気の試合になるかは、その時にならなければ分からないでしょう。

 

同様に古巣との対戦となるペリカンズの若き選手たちの一人、ブランドン・イングラムはこう語りました。

 

「観客が彼にブーイングをするのか、拍手を送るのかは分からない。でも、彼は会場に入ってきた時に、計画を練らなければならない素晴らしい選手の一人。だから、本当に良い試合にはなるだろうね」

 

トレード後初の古巣との対戦に、アンソニー・デイビスは「考えずにはいられない」

2019-11-25

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください