トピックス

出場時間がさらに増加するジェームス・ハーデンに、ロケッツ指揮官は「解決策は無い」

ヒューストン・ロケッツのジェームス・ハーデンのハイレベルなパフォーマンスは落ちることなく、幸いにも怪我の情報もありません。

しかし、チームメイトのエリック・ゴードンが膝の手術によって離脱を余儀なくされて以降、ハーデンの出場時間はかなり増加しています。



ハーデンは毎試合のように得点とアシストで計60得点近くに貢献していますが、特に11月13日(日本時間14日)から25日(同26日)までの12日間で行われた7試合では、リーグトップの平均38.9分間に出場しています。

ゴードンが離脱する以前は、平均35.7分の出場時間でした。

しかし『Houston Chronicle』のジョナサン・フェイゲン氏によれば、ロケッツのマイク・ダントーニ・ヘッドコーチは、この懸念を一蹴しています。

「彼は(今までも)多くの責任を背負い、多くの時間をプレイしてきた。我々は負傷者を出し、エリックは彼と代わることができない。彼が常に得点の負担を背負わないといけないんだ。あなたたちは、それが心配なんだろう。だが、解決策は無いんだ」

ハーデンは、ここ4シーズンで最も多くの出場時間となっています。

それを改善することが厳しいのであれば、彼が健康を維持し続けられることを祈るしかありません。

[kanren postid="16111"]

-トピックス
-

© 2020 NBA TOPICS