新人王を目指すケンドリック・ナン「シーズンを通じて続け、その賞を獲得できれば」

出典:sfchronicle.com

マイアミ・ヒートのケンドリック・ナンは、かつてイリノイ大に在学中にコート外で問題を起こしてしまったこともあり、2018年のドラフトで指名されず、昨シーズンはGリーグで1年間を過ごすことになりました。

 

しかし、ドラフト外選手としてヒートに入団した今シーズン、新人王の資格を持つナンは、まさしくその賞を狙えるだけの活躍を続けています。

 

ザイオン・ウィリアムソンが開幕から欠場を余儀なくされたこともあり、現状のパフォーマンスが続けばナンか、あるいはメンフィス・グリズリーズのジャ・モラントが最有力候補となるでしょう。

 

 

ナンは『The Athletic』のシャムス・シャラニア氏に対し、新人王について自身の考えを明かしました。

 

「まだ早いけど、これまでの僕は、間違いなくそのためにプレイしている。シーズンを通じてそのプレイを続け、その賞を獲得できればいいなって思っているよ」

 

実際、ナンは昨シーズンの終わり頃にヒートと契約を結んでいましたが、彼は一度もNBAでプレイしませんでした。

 

そうして迎えた今シーズン、彼は17試合で平均16.5得点、フィールドゴール成功率47.8%、3ポイントシュート成功率40.4%を記録しています。

 

文字通り、ナンは2019-20シーズンの隠し玉だったのかもしれません。

 

ケンドリック・ナンは新人王を受賞できる?

導入から1ヶ月経ったチャレンジ制度に賛否両論――ヒート指揮官は不満の声

2019-11-26

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください