ブレイザーズ契約前に引退の準備をしていたカーメロ・アンソニー

もしポートランド・トレイルブレイザーズが電話をかけてこなければ、カーメロ・アンソニーはバスケットボールから離れる覚悟を固めていたかもしれません。

『ESPN』のニック・フライデル氏によれば、アンソニーは火曜日に引退について「心の準備をしていた」と言いました。

「望む状況が実現しなければ、バスケットボールから離れてもいいと覚悟していたんだ」



それでもブレイザーズと契約後、アンソニーは7試合で平均16.4得点、6.0リバウンドを記録しており、第6週の週間MVPにも選出され、順調なスタートを切っています。

アンソニーは「自分ができることを理解している」と語りました。

「もし僕が単にチームの一員となるためだけに移籍しても、それが上手くいかなければ、いずれにしても自分に帰ってくる。まあ、自分の責任という感じさ」

10回のオールスター出場経験を持つ過去があっても、アンソニーは長い時間NBAのコートに立つことができずにいました。

昨シーズンはヒューストン・ロケッツから始まったものの、わずか10試合に出場した後、トレード期限直前にシカゴ・ブルズへトレードされました。

ブルズはアンソニーをバイアウトし、その後はどのチームもオファーを提示せず…。

2019-20シーズンも約1ヶ月が過ぎるという時、ようやく電話がかかってきた相手はブレイザーズでした。

アンソニーは、その時点で引退を決断する瀬戸際だったと言います。

「ある時点で、”多くの試合をしてきた。15、16年間もやってきた。もう諦める覚悟はできている”というように感じたんだ」

アンソニーは、1年間の休息で得たことについて語りました。

「最も重要なことは、心をきちんと休ませられたことかな。正気に戻ったんだ。人は、それがどんなに強い影響を及ぼすか分かっていないと思う。頭が正常に働けば、どうでもいいことなんて全部流れていくんだ」

彼は12月6日(日本時間7日)にやって来る、親友のレブロン・ジェームズとの対戦を楽しみにしています。

【投票】

12月6日(日本時間7日)のレイカーズ対ブレイザーズ戦で勝利するのは?
  • ロサンゼルス・レイカーズ 76%, 133
    133 76%
    133 票 - 76%
  • ポートランド・トレイルブレイザーズ 24%, 43
    43 24%
    43 票 - 24%
全体の票数: 176票
2019-12-04 - 2019-12-06
この投票は終了しました
blank

立ち直りを確信しているデイミアン・リラード「過去にも見たことがある」

2019-11-25
blank

カーメロ・アンソニーの復帰を支持し続けたチームメイトや指揮官

2019-11-22

いつでもNBAを楽しむには?

”NBA Rakuten”なら「NBA」をいつでも楽しめます!様々なプランから自分に合ったプランを選び、波乱の2019-20シーズンを堪能しましょう。10月31日まではディスカウントキャンペーンも実施中。