トピックス

ケビン・デュラント「NBAチームを運営したい」

ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントは、自身のキャリアが終わった後にNBAのオーナーになることに興味を持っているようです。



デュラントは『Forbes』のスティーブン・ベルトーニ氏に対し、シャーロット・ホーネッツでオーナーを務めるマイケル・ジョーダン氏のような役割に関心を抱いており、「NBAチームを所有して運営したい」と言いました。

「日常業務を行いながら、リーグに加わる若い選手に影響を与えたいんだ」

ベルトーニ氏によれば、デュラントはコート上でのキャリアよりもビジネス上の利益に重点を置いており、ゴールデンステイト・ウォリアーズと過ごした3年間を利用して、シリコンバレーでの投資機会を追求していたようです。

またデュラントは、最終的にバスケットボールの契約とスポンサーから5億ドル以上の稼ぎを得られ、新規事業の開拓などによってその数を増やしたいと考えています。

デュラントは床を指差して、「僕はここから始まった」と語りました。

「家族の中に、子供が生まれるのは分かっている。子供には屋根の上から始まって欲しいんだ。家族のためにできる唯一のことは、お金を作ること。そして、僕はただ貯めるのではなく、もっとクールな方法で使いたい」

ジョーダン氏と同じ道を歩もうとするNBAスターは、デュラントだけではありません。

レブロン・ジェームズや、ドウェイン・ウェイドも、NBAチームを所有することに関心を示しています。

[kanren postid="16354"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-

© 2021 NBA TOPICS