コービー・ブライアントの引退試合の論争に、ゴードン・ヘイワードが言及

blank

出典:celticswire.usatoday.com

41歳の若さでこの世を去ったコービー・ブライアントが、自身の引退試合で60得点を記録したのは、今後も永遠に語り継がれる伝説の一つでしょう。

 

一方で、この試合について別の論争があります。



ブライアントの60得点目が懸かっていた2本目のフリースローの際、当時ユタ・ジャズに在籍していたゴードン・ヘイワード(現ボストン・セルティックス)は、もしブライアントがフリースローを外しても再び打てるように、みずから意図的にバイオレーションとなる行為をしたのではないかということが、話題に挙がっています。

 

 

これについて、多くの人々はヘイワードの行為を称賛していますが、ヘイワード本人はTwitter上で自身の行為について振り返りました。

 

あの夜のことは忘れられない。あの瞬間のことはほとんど覚えているし、あの夜の目標はコービーと全力で戦うことだった。コービーはそういう存在だったから、僕は彼に対してベストを尽くしたかったんだ。

彼は僕を上回る60得点を記録したし、僕は一晩中、彼に対して自由に何かをやらせることはしなかった。フリースローラインで起きたことは、意図的なことではなかった。もし、僕が彼に自由に何かをやらせれば、コービーは僕をリスペクトしなくなっていただろう。そういったことが、彼をとても特別な存在にしたんだ!

 

blank

オールスターよりも”マンバメンタリティ”を感じたバム・アデバヨ

2020-01-28
blank

コービー・ブライアントが2020年にバスケットボール殿堂入りへ

2020-01-28

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!