トピックス

コービー・ブライアントの引退試合の論争に、ゴードン・ヘイワードが言及

41歳の若さでこの世を去ったコービー・ブライアントが、自身の引退試合で60得点を記録したのは、今後も永遠に語り継がれる伝説の一つでしょう。

一方で、この試合について別の論争があります。



ブライアントの60得点目が懸かっていた2本目のフリースローの際、当時ユタ・ジャズに在籍していたゴードン・ヘイワード(現ボストン・セルティックス)は、もしブライアントがフリースローを外しても再び打てるように、みずから意図的にバイオレーションとなる行為をしたのではないかということが、話題に挙がっています。

これについて、多くの人々はヘイワードの行為を称賛していますが、ヘイワード本人はTwitter上で自身の行為について振り返りました。

あの夜のことは忘れられない。あの瞬間のことはほとんど覚えているし、あの夜の目標はコービーと全力で戦うことだった。コービーはそういう存在だったから、僕は彼に対してベストを尽くしたかったんだ。

彼は僕を上回る60得点を記録したし、僕は一晩中、彼に対して自由に何かをやらせることはしなかった。フリースローラインで起きたことは、意図的なことではなかった。もし、僕が彼に自由に何かをやらせれば、コービーは僕をリスペクトしなくなっていただろう。そういったことが、彼をとても特別な存在にしたんだ!

[kanren postid="17354,17350"]

『ステフィン・カリー 努力、努力、努力 自分を証明できるのは、自分だけ』

  • 原著:Marcus Thompson,2
  • 著:マーカス トンプソン,2
  • 翻訳:東山 真

歴代最高のシューターとして謳われる、ステフィン・カリーの人生にフォーカスした待望の評伝の日本語版!

ウォリアーズファンはもちろん、全てのNBAファンにオススメの一冊です!

Amazon

楽天ブックス

Yahoo!ショッピング

-トピックス
-,

© 2021 NBA TOPICS