リポート

アンドレ・イグダーラがヒートへ移籍――さらに次の標的はダニーロ・ガリナリ?

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー氏は、メンフィス・グリズリーズがアンドレ・イグダーラをマイアミ・ヒートへトレードすることに合意し、ヒートとイグダーラが2年3,000万ドルの契約延長を結んだと伝えています。

さらにウォジナロウスキー氏は、今回のトレードのグリズリーズへの見返りの一部に、ジャスティス・ウィンズロウが含まれていると付け加えました。

イグダーラの2年目の契約(2021-22シーズンの契約)はチームオプションとなり、2021年のオフシーズンにヒートがトップクラスのフリーエージェントを獲得できなかった場合、彼の1,500万ドルの契約が保証されると伝えられています。



また、ウォジナロウスキー氏によると、ヒートはイグダーラ以外にも、オクラホマシティ・サンダーのダニーロ・ガリナリの獲得にも関心を示しているようです。

ガリナリは昨年7月、ポール・ジョージがサンダーからロサンゼルス・クリッパーズへトレードされる過程で、サンダーへ移籍しました。

今シーズン平均19.2得点、5.2リバウンドを記録している31歳のガリナリは、今シーズンで切れる2,260万ドルの契約を結んでいます。

[kanren postid="17485"]

-リポート
-, , ,

© 2020 NBA TOPICS