アーロン・ゴードンの採点は誰かのミスだった?

出典:flipboard.com

2020年のオールスターウィークエンドに行われたスラムダンクコンテストが、何とも言えない結末に終わってしまったという感覚は否めません。

 

オーランド・マジックのアーロン・ゴードンは過去最高レベルのパフォーマンスを披露し、第1ラウンドから決勝ラウンドにかけて最初の5本全てで50点満点を叩き出しました。

 

一方で、マイアミ・ヒートのデリック・ジョーンズJr.もインパクトのあるダンクで観客、審査員を魅了し、決勝ラウンドでゴードンに引けを取らないパフォーマンスを続けていました。

 

決勝ラウンドの延長2回目でジョーンズJr.が48点を記録し、その後ゴードンが226cmのタッコ・フォール(ボストン・セルティックス)を飛び越えてダンクを決めた時、誰もがゴードンが再び50点を叩き出して優勝することを期待したでしょう。

 

しかし、結果はジョーンズJr.を下回る47点で、ゴードンは優勝を逃しました。

 

ただ、多くのファンは裏切られた期待に怒る一方で、この結果は審査員でさえも想定外であった可能性があります。



『ESPN』のラモナ・シェルバーン記者とマリカ・アンドリュース記者によれば、審査員は当初、決勝ラウンドを引き分けで終えることを計画していたというのです。

 

しかし、審査員の一人が点数を決める過程でミスを犯し、結果的にジョーンズJr.に勝利が与えられることになりました。

 

ミュージシャンで、審査員の一人でもあったコモン氏は、シェルバーン氏に次のように語っています。

 

「私たちは同点になると思っていた。”これで同点だ!”ってね。だけど、誰かが間違えていた。それが誰かは分からない」

 

別の審査員で、ロサンゼルス・スパークスのスーパースターであるキャンディス・パーカーも、同点を計画していたことを認めました。

 

犯人探しはするべきではないのかもしれませんが、コモン氏やパーカーは、ジョーンズJr.とゴードンの最後のダンクにそれぞれ10点満点を入れており、コメントを残していることから、どちらかがミスを犯したとは考えにくいでしょう。

 

その他の審査員は、ドウェイン・ウェイド氏、チャドウィック・ボーズマン氏、スコッティ・ピッペン氏の3人です。

 

そして3人の中でも、ウェイド氏は昨シーズンにヒートでジョーンズJr.とチームメイトだったことから、彼に優勝を与える動機が明らかだという声もあります。

 

ちなみに、もし同点となっていた場合はどのような結末を迎えていたでしょうか?

 

『AP』のティム・レイノルズ記者によれば、NBAがコンテストを終了し、最終的にどちらの選手が優れていたか審査員に投票してもらう予定だったようです。

 

その場で誰が誰を選ぶかは分かりませんが、一人のミスで結末が左右されるよりは、断然良い解決策だったかもしれません。



ゴードンは明らかに不満を感じており、本来であればこの場に2つのトロフィーがあるはずだった(もう一つは2016年にザック・ラビーンに敗れた時のこと)とコメントし、今後はダンクコンテストに参加しないことも語りました。

 

彼が勝利すべきだったかどうかはそれぞれの意見ですが、彼が敗北に至る過程に関しては、審査員も意図しないものがあった可能性があります。

 

▼デリック・ジョーンズJr.のダンクはコチラ

 

▼アーロン・ゴードンのダンクはコチラ

 

2020年のライジングスターズを振り返る――ユーモアな瞬間、MVP、学んだこと

2020-02-15

待望の最新作
「NBA 2K20」

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!