チームが揃わず3連敗に、カワイ・レナードは「健康な選手が必要」

blank

出典:hotnewhiphop.com

オールスターブレイク明けの最初の試合を迎えたロサンゼルス・クリッパーズは、まだ休暇の感覚が残っているようでした。

 

2月22日(日本時間23日)のサクラメント・キングス戦では、第1クォーターに24本中20本のショットを外して13得点に終わり、最終的に112-103で敗れました。

 

この日の敗戦でクリッパーズは3連敗となり、これはチームの今シーズン最長の連敗記録となっています。



『ESPN』のオーム・ヤングミスク記者によれば、クリッパーズのカワイ・レナードは試合後、チームがプレイできる準備が整っていないことに警鐘を鳴らし、「今こそ」チームが健康になって戦うべきだと語りました。

 

「今がその時だ。もっと良くならないと。戦い続けるしかないんだ。適切なチームが適切な時期にピークに到達するはずが、僕たちはまだそこに到達できていないと思う。近づいているようには感じるけど、健康な選手が必要だ」

 

キングス戦ではポール・ジョージ(ハムストリング)と、パトリック・ベバリー(鼠径部)が欠場し、最近加入したレジー・ジャクソン、マーカス・モリスがその穴を埋めました。

 

しかしレナードは、チーム全体が健康になり、ケミストリーを構築してプレイオフへ進むまでに、残り26試合しか無いことを知っています。

 

また、ロサンゼルス・レイカーズには2度勝利できる一方で、手負いの状態とはいえキングスには約3週間で2度も敗れています。

 

この日のキングス戦では、第4クォーター残り7分51秒の時点で3点差まで追い上げたものの、その後11本中10本のショットを外して6分間で2得点と、第1クォーターと似たような形で試合を終えることになりました。

 

こうした一貫性の無さを残り26試合で改善していかなければ、プレイオフではそれが仇になってしまう可能性もあるでしょう。



一方でクリッパーズのルー・ウィリアムズは、チームの3連敗について「心配ない」と語ります。

 

「僕たちは構築し続けている。このグループではないけど、誰もが3連敗を経験している。そして、順位に関してもまだ良い位置に居ると思う。いくつかの問題も解決しているから、心配する必要は無いよ。ただ、次に改善することを見つけないとね」

 

blank

「レイカーズは7試合のシリーズでクリッパーズを倒せるわけがない」、匿名のエグゼクティブが言及

2020-02-14

待望の最新作
「NBA 2K20」

blank

シリーズ累計9,000万本の売上を誇るNBA公認のバスケットボールゲーム!
待望の最新作「NBA 2K20」をプレイし、本場NBAの感動や興奮を体感しましょう!