2020年のNBA王者はロサンゼルス・レイカーズ!

リポート

レイカーズとデマーカス・カズンズが互いに再契約に関心

ロサンゼルス・レイカーズとデマーカス・カズンズは、今シーズンこそ上手くいかなかったものの、来シーズンにはやり直すチャンスがあるかもしれません。



デトロイト・ピストンズとマーキーフ・モリスがバイアウト合意に至ったことに伴い、レイカーズはモリスを獲得するためにカズンズを解雇しました。

昨年の夏に左膝前十字靭帯を断裂したカズンズは、チームの遠征に帯同したり、ホームの試合に参加することはできませんが、チームと一緒にリハビリすることは可能です。

そして『The Athletic』のジョー・バードン記者によれば、レイカーズとカズンズは良好な関係を築いており、相互に再契約に関心を持っているようです。

この考えは素晴らしいように聞こえますが、一方でリスクがあることも心に留めておくべきでしょう。

カズンズはニューオーリンズ・ペリカンズに在籍していた2018年初めにアキレス腱を断裂した後、ゴールデンステート・ウォリアーズに移籍してプレイオフで左大腿四頭筋断裂、そして夏に左膝前十字靭帯を経験しています。

レイカーズはドワイト・ハワード、ジャベール・マギーといったチームに貢献できるセンターを既に保持しており、ハワードとは今シーズン限りの契約ですが、マギーはプレイヤーオプションを保持しています。

カズンズは数年前こそオールスターの一員でしたが、ここ最近は相次ぐ怪我によってほとんどコートに立つ機会が無いため、再契約には慎重にならなければなりません。

【投票】

レイカーズはデマーカス・カズンズと再契約すべき?
  • 再契約すべき 60%, 314
    314 60%
    314 票 - 60%
  • 再契約すべきではない 40%, 209
    209 40%
    209 票 - 40%
全体の票数: 523票
2020-02-24 16:55 - 2020-05-31 0:00
この投票は終了しました
[kanren postid="17752,17690"]

-リポート
-, ,

© 2020 NBA TOPICS