リポート

ジョエル・エンビードが左肩の捻挫で少なくとも1週間の離脱

フィラデルフィア・76ersのセンターのジョエル・エンビードは、2月26日(日本時間27日)のクリーブランド・キャバリアーズ戦で、キャバリアーズのアンテ・ジジッチと接触して左肩を負傷し、試合に戻ってくることはありませんでした。



幸いにも、MRI検査でエンビードには大きな構造的損傷は無かったことが判明しました。

また、『The Athletic』のシャムス・シャラニア記者によれば、エンビードは1週間後に再検査を受けるとされています。

『ESPN』によれば、76ersのブレット・ブラウン・ヘッドコーチは、エンビードに構造的な損傷が無かったというニュースを受けて安心したものの、既に背中の怪我を負っているベン・シモンズと揃って離脱となることについて、「痛々しいほど明らかな制限」と語りました。

「2人もオールスターが不在だ。チームから彼らが抜けるのは痛い」

エンビードは、今シーズン平均23.3得点、11.8リバウンド、1.3ブロックを記録していました。

[kanren postid="17727,17660"]

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS