リポート

ケリー・ウーブレイJr.が右膝半月板損傷でシーズン終了か

『Yahoo Sports』のクリス・ヘインズ記者によると、フェニックス・サンズのケリー・ウーブレイJr.が右膝を負傷して検査を受けた後、右膝の半月板損傷と診断されました。

ヘインズ記者は付け加えて、ウーブレイの怪我がいつ起こったものであるかは分からないものの、専門家にセカンドオピニオンを求めていると報告しています。



半月板損傷の治療法はいくつかあるため、怪我の程度や治療法によって回復にかかる時間は異なります。

しかし、基本的に半月板損傷は数日間ではなく、数ヶ月間という単位の回復と考えられているため、近いうちにウーブレイがコートに戻ることは期待できそうにないでしょう。

例えば、ニューオーリンズ・ペリカンズのザイオン・ウィリアムソンは今シーズンの開幕前に半月板の手術を行い、シーズン前半にコートに戻ることができませんでした。

これに当てはめた場合、ウーブレイは今シーズンの残りの試合に出場することはできません。

サンズはウーブレイの半月板損傷についての声明を出していませんが、彼のチームメイトは単なる日常的な怪我ではないと感じているようです。

『The Arizona Republic』のデュアン・ランキン記者によれば、サンズのアーロン・ベインズはウーブレイについて「仲間の一人が怪我をするのを見るのは辛いこと」と語りました。

「今、彼は自分のために正しいことをしなければならない。彼がシーズンを通じて僕たちに貢献してくれたことをするため、健康になったら戻ってくる必要があるからだ。僕たちは彼の気持ちを理解している。彼は、自分のケアをするために必要なことであれば何でも、みんなのサポートを得ているよ」

2月26日(日本時間27日)のニューヨーク・ニックス戦では、ウーブレイに代わってダリオ・サリッチが先発として試合に出場しています。

ウーブレイは昨シーズンの夏に、サンズと2年3,000万ドルの契約を結びました。

彼は今シーズン56試合に出場し、平均34.5分、18.7得点、6.4リバウンド、1.3スティールを記録しています。

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS