リポート

ネッツのケニー・アトキンソンHCがチームとの双方合意で解任

ブルックリン・ネッツとケニー・アトキンソン・ヘッドコーチが双方合意の上で互いに別の道を歩むことにしたと、チームは声明を発表しました。

これに伴い、ジャック・ヴォーン・アシスタントコーチが暫定ヘッドコーチを務めることとなります。



ネッツのゼネラルマネージャーであるショーン・マークス氏は、声明で「シーズンの進捗についてケニーと議論した後、私たちはコーチングを変更することが最善であると双方に合意した」と述べました。

「これは非常に難しい決断でしたが、この時点で必要な決断であると組織は考えています。ケニーは選手を育成し、4年間で私たちが知られるようになったアイデンティティや、文化を築くことに貢献してくれました。彼がここに残した基盤は、私たちが今後のシーズンに引き継いで構築していくものです。ケニーのハードワークと、ネッツやブルックリンのコミュニティへの献身に、いつまでも感謝しています。ケニー、ローラ、そしてアトキンソンのファミリーは、これからも常にネッツのファミリーの一員であり、彼らが末永く幸せであることを願っています」

2016年にネッツの指揮官に就任したアトキンソンHCは、最初のシーズンこそ20勝62敗で終わったものの、その後はネッツを再建させ、2018-19シーズンには42勝40敗でチームをプレイオフ進出に導きました。

また、約4シーズンでのアトキンソンHCの成績は118勝190敗(勝率38.3%)でした。

ネッツの今シーズンは期待を少し下回っているかもしれませんが、それはケビン・デュラントとカイリー・アービングのスター選手を欠いていることが主な理由でしょう。

そのような状況下においても、ネッツは28勝34敗のイースタン・カンファレンス7位でプレイオフ進出の可能性が十分にあります。

こうしたチームのパフォーマンスや、取り巻く状況を考えると、ネッツが変化を起こしたのは驚くべきことです。

しかし『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者は、マークス氏とアトキンソンHCは複数回に渡って話し合いをした上で、変化は避けられないと感じたと伝えました。

またウォジナロウスキー記者が別のツイートでも指摘しているように、アトキンソンHCはネッツを再建させたという実績があるため、再建を望む他のチームは彼を迎え入れる可能性があるでしょう。

一方でネッツに関しては、現時点ではヴォーンACが暫定ヘッドコーチ となるものの、オフシーズンには正式なコーチを広範囲に渡って探すことになりそうです。

秋になればデュラントやアービングも復帰するため、ネッツは再建のできるコーチではなく、優勝に導けるコーチをターゲットにしていると予想されています。

[kanren postid="17916,17852"]

-リポート
-

© 2020 NBA TOPICS